スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

びっくらこかなくてはいけない@みや乃


突然ですが・・・・・・・。

辞令を貰って、3年住んだ大阪を離れ、6月末には東京に戻ることになりました。

まぁ、今回はその話題じゃないんで。


で、会社のメンバーが送別会を開いてくれるという。
普通、送られる立場としては、幹事さんが選んでくれた店に大人しく付いていくものなのだが、そこは、食い意地張ってるもんで、ここはかねてから行きたかったけれども、大人数でないと行けない店をリクエストしてしまいました。

恐縮です。

関西の食べ物系ブログでは有名な存在。

弁天町の『みや乃』。

ここは、ふぐ料理をはじめとした、正統活魚料理店なのだが、今ではほとんどのグループがオーダーするという「みや乃鍋」で人気に火が付いた。


まずは、インパクトある姿からご覧ください。


横から



前から。
これが10人前なのですが、
・ずわい蟹6杯
・毛蟹2杯
・伊勢海老5尾
・帆立10ヶ
・カンパチアラ5尾分
・鮑2ヶ
・牛ロース2枚
そして、野菜類にうどんです。


コレを上から順に料理していくわけです。

牛ロースは一旦調理場に下げて、ステーキになって登場です。

甘めのタレがかかっています。


基本的には、お母さんが付いて、鍋の世話してくれるんですが、やることが豪快です。
伊勢海老は鬚を手づかみで、投入です。

一人頭半身。

鍋は、味噌味なんですが、伊勢海老の味噌が溶け出して、いきなり濃厚な海鮮味になります。


次いで帆立。
これまた手づかみで入れるんですが、注意しないと貝殻に挟まれて痛い目合うそうです。

と、入れ終わってから注意された。
はじめに言ってよね。(笑)


毛蟹は2杯だけなので、ちょびっとだけ。

でも、ここで、ダシに蟹味噌が溶け出して、ますます濃厚味になってきます。


カンパチアラを投入。

これがすごいコラーゲン。
プリプリのツヤツヤです。
ダシはますます濃くなるし、このあたりで大概腹膨れてきます。


いよいよ本命のずわい蟹の登場です。
まずは、甲羅から、当然味噌たっぷりで、もうダシはカオス味です。
すこし、薄めないと濃厚すぎて飲めません。


この時点で蟹足がこれだけあるんですから、ここからはもう格闘です。
一人何本とかノルマつけて食べ進みます。


少し前に投入した鮑も切られて出てきました。
なぜか七味がかかっています。

七味はいらんだろ。


もう食えないと思っていたのに、この後、うどんを平らげて、雑炊までしてもらいました。
腹はちきれそうです。

食べれば食べるほどに、味が濃くなっていくので、最後はもう勘弁って感じでした。

もう一度行きたいかって訊かれると微妙なのですが、地方から誰か出てきたら、連れて行って驚かせてあげたいな。
と思いますね。

びっくらこきます。
スポンサーサイト

猛巌 鳳星


猛巌 鳳星

 ↑ コレ読めますか?

答えは、

モーガン・フォスター
彼の漢字表記。

彼、一度このブログに登場したことあるのだが、正体はビーチフラッグス(砂浜を走って旗を取り合うスポーツ)の世界チャンピオン。
イベントで来ていた。

今、シーズンオフでカラダがなまっているとのコトだったが、それでも凄い体型。
いやいや、上半身胸側の筋肉はアタシも変わらないのだが、背中側の筋肉の盛り上がりと下半身の鍛え方が凄い。
肩甲骨のあたり見てください。




少し時間があったので、彼とトレーニングしたのだが、腕立て伏せにしても、今までオレがしてきた腕立てはなんだったの?
と思うくらい、負荷のかかる方法でやる。(10回ごとに手の幅を広げたり、狭めたりする)
階段の上り下りで、臀部に徹底的に体重をかける方法をとる・・・・・
などなど、特殊な機材を使わず、カラダを苛め抜く。
アタシゃ30分でリタイアしましたよ。


でも素顔は、シャイで気がいい、スケベなキーウィ(ニュージーランド人)さ。


モーガンと小学生のハンディキャップマッチの様子です。
[#VIDEO|DOGALOG|48024466/48024466peevee81158.flv|24466|81158|9#]


喫茶Yふたたび


本社から、毎日放送(MBS)へ出演のため、大阪にやってくるスタッフがいたので、アテンドする。
収録終了後、腹が減っているというので・・・・・・。

そうだ! ココしかない!
恐るべき店、喫茶Yへ。

是非にと勧めたサンドイッチ

・パン1斤
・タマゴ15ケ
・ハム6枚
・レタス約半玉
・マーガリン、トマトケチャップ、マヨネーズどっさり。
コレで1人前。ドリンクセットで1.000円。

とても食べきれないというので、1ついただいた。
携帯電話とのサイズ比をご覧ください。
コレを6切れ、普通喰えんでしょ。


妙に気になるチーズチーャハン(笑)


恐るべし 喫茶Y


豊崎町の喫茶Yは大盛り店として、近隣の若者にこよなく愛されている店なのだが、今まで未体験ゾーンだった。
(イニシャルトークしてるわけじゃなく、ホントに喫茶Yという名なのだ。)

一度、同じ事務所で一番よく食べる若様を偵察に行かせて、サンドイッチセットを体験してもらったことがあるのだが、彼をして2/3で降参した・・・・・・という店なのだ。

今回、恐怖のサンドイッチは避けて、カレーライス定食に。

元気の良いお母さんにオーダーすると・・・・・・。
まず、冷奴が出てくる。
豆腐半丁分。



ここでトイレに中座し、



カウンターに戻ってくると・・・・・・。




こういうことになっていた。

右下から時計回りに
・前述の冷奴。
・コロッケとかき揚げとてんこ盛りのおからの煮付け
・タマゴ3ケのベーコンエッグ
・麩のりの味噌汁
・ハンバーグ

お母さん曰く、足りなかったら言ってよ~。

で、肝心のカレーは?
おかずの後に出てくるとのコトです。

んな、象じゃないんだから、そんな喰えんがね。

カレーは急遽、小盛りでお願いした。

って全然、小盛りになってないがや。
他の店のレギュラーサイズ以上やんか!!!



アタシの後から入ってきたお客さんがサンドイッチセットをオーダーしたので、製作工程をつぶさに見ていたのだが・・・・・・。

・パンは、4.5cm厚に切った食パンが4枚。
・タマゴをどんどん割っていくのだが、数えていると・・・・・1.2.3.4・・・・・12ケまで入れてかき混ぜ始めた・・・・・ふと手を止めて、また3ケ足したがな。15ケやで。
・ハム6枚。
・レタス大量
・マヨネーズとトマトケチャップずりずり。

コレは、一人ではよう喰わんわ。


びっくりパフェ@コロンビア


実家のある山形県から、姪っこと甥っこが出てきたので、大阪見学に連れて行く。

新世界で串あげを喰った後、道頓堀極楽商店街へ。



ビルの3フロアを活用した、昭和初期の大阪を模したフードテーマパーク。
まぁ、天井なんかは流石に鉄骨剥き出しだったりしますが、上手いことレトロ風に作ってあります。
レストランだけでなく、駄菓子屋や劇場なんかもあって、子供連れで数時間楽しめます。


新世界で食事をした後だったので、ここではスイーツにした。
びっくりパフェのコロンビアへ。
10人で食べても食べきれないようなビッグサイズの「富士山」はじめ、変なメニューだらけ。
その「富士山」は見た感じアイスクリームの業務用筒(31なんかでショーケース内に入ってるの)を丸々1本使って、それに生クリームやらチョコやらでデコレーションしてある。9800円。
ビッグサイズは指定時間内に指定人数で食べきると無料になる。
とても挑戦する気にはならないけれど。


アタシは最小サイズのにしておきました。
ミニ抹茶プリンパフェ580円。






プロフィール

不良中年N

Author:不良中年N
exciteから引っ越してきました。
まだ、使い勝手がよくわからん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
食べログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。