スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だ~れだ?


この指だ~れだ?
だ~れんだ?


お馴染みの丸尾姉妹の妹、みゆきちゃん。

みゆきちゃん、痩せたね。
小顔になったね。
頑張ってるね!



えっ、今回お姉さんはって?



当然いらっしゃいましたよ。




写真も有りますとも。



相変わらず、完璧な美しさでしたよ。




でも、




プライベートタイムの写真なので、





モザイク付きでご容赦ください。
スポンサーサイト

二重虹(ダブルレインボウ)


大阪は、このところ天候が不安定。


突然の驟雨。



雨上がりには、関西テレビに二重虹が架かりました。



長い人生でダブルレインボウは初めて目撃しましたよ。

よく見てください。
主虹(内側)と副虹(外側)では、色の順番が逆なんですよ!

日清らーめん屋さんシリーズ


日ごろ、外食の旨いもんネタばかりアップしているので、毎日外で食事していると思われがちだが、割と自炊もこまめにやる方です。

土日には、凝った料理を作ることもありますが、普段は有り合わせで簡単なものを。

買い置きしておくと便利なのが、日清の冷凍食品、ラーメン屋さんシリーズだ。
ノーマルな醤油味、味噌味に加えて、ご当地味も充実。
昨年も、尾道味和歌山味がバリエーションに加わった。
定価150円。近くのスーパーでは98円で手に入る。



基本、麺とスープだけなのだが、ちょっと具材を加えてやるとちょっとしたラーメン屋より旨く出来たりする。

今日は、長崎ちゃんぽん
キャベツ・もやし・むきエビ・豚肉・カニカマ・魚肉ソーセージ・青葱・卵を加えてやると。

ほんの5分でこの通り。

龍虎相対す。


先週の休みに、やっぱりコレは観とかんと後悔するやろ。ということで、ギメ東洋美術館蔵浮世絵名品展へ。


天王寺の大阪市立美術館。
やっぱり凄い人気で、館内に入ってから絵にたどり着くまで30分かかった。



今回の目玉は何と言っても北斎の虎図と龍図だ。
双方、北斎最晩年の肉筆。
龍図は、ギメ東洋美術館に、虎図は太田記念美術館に別々に所蔵されていたもので、この二つが双幅であることが発見されたのが、2年前のこと(世紀の大発見だ!)。
こうして対で一般に公開されるのは今回が初めてなのだ。


いやあ、それにしても流石は北斎。
90歳の筆にして、この迫力。恐れ入ります。

他の版画にしても、北斎のデッサン力は、抜きん出ていて破綻というものがありません。
あの時代にして、骨格構造まで考えて絵を描いていたのは彼のみでしょう。
生北斎を観るのは10数年ぶりなんですが、いつ観ても驚かされます。

今回、他の目玉は歌麿と写楽。

歌麿はね、同じ美人画でも、栄之や長喜と比較すれば、艶やかさ、目力は段違いなんですが、北斎と並べてみてしまうと、力量は歴然としますね。

実は生で写楽を観るのは初めてなんです。驚きました。
北斎とは対極にありながら、絵の存在感は見劣りしないですね。
かなりデフォルメされていながら、今にも役者達がしゃべりだしそうなリアル感を出しています。

北斎写楽が明らかに他の絵師とは違いますね。

この展覧会、5月27日まで。
最後の週は混みますよ。まだの方、是非今週末にどうぞ。

ピタゴラ装置②


ダメです。
①だけでは、とても我慢できません。

あまりの面白さに、アマゾンでピタゴラ装置②も買ってしまいました。


①とダブっている装置が二つほどあるのは何故だろう?
でも、やっぱり面白い。

文章では説明のしようが無い。
だまされたと思って一度観るべし。
プロフィール

Author:不良中年N
exciteから引っ越してきました。
まだ、使い勝手がよくわからん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
食べログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。