スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水戸でおいしいラーメンに出会うこと@たからや


立て続けのラーメンネタで恐縮です。

上野駅からフレッシュひたち号に乗ること80分。


水戸に着いた。
以前、水戸に来たときも同じことを思ったのだが、なぜだかこの街は、女子高生が多い。
男子も同じ数居てもおかしくないと思うのだが、目に付くのは女子高生ばかり。
謎だ。


とはいえ、女子高生がアタシを出迎えてくれるわけもなく、水戸のご老公さまご一行が出迎えてくれただけでした。


駅前に大層立派な銀杏の木も保存されていて、樹齢300年もあるかもしれないらしい。
流石、古くからの城下町。


で、街を歩いていて、この店の佇まいに引き付けられてしまったのです。

匂ったんです。
食いしん坊の鼻が。
この店は絶対にうまいぞと。


2人とも足元がおぼつかない、おじいちゃんとおばあちゃんで切り盛りしている店ですが、存外中は明るくて清潔感あります。


ラーメンが出来上がるまでの間、ショーケースにあった、醤油オニギリ110円をいただきました。
これが、もち米の炊き込みおこわなんです。
レンジで温めてもらって食べると香ばしくて実によろしい。
お手製と思われるお新香が付くのもポイント高いよ。


ラーメン、キターー!!

このケレンない美しさをみてください。
濁りない醤油スープにトッピングは、叉焼、シナチク、鳴門巻き、海苔、ラーメンの姿とはこういうものだという見本のようです。
あと、ホウレンソウがのっていれば完璧です。

麺が中細のやや縮れっていうのも素晴らしい。

スープは東京ラーメンに近いんですが、トリガラだけじゃなく、魚も使ってますね。
Wスープでしかも濃い醤油を使用しています。
ほとんど脂が浮いていない(おそらく叉焼からの脂のみでしょう)のにも関らず、複雑な味のスープです。
ややもすると、やれ背脂だ何だと、脂の旨さで誤魔化す店の多い中、すんばらしいです。

この店、塩味のタンメンが実は名物らしく、今回は食べられなかったが実に気になりますね。
スポンサーサイト

郷愁の東京ラーメン@新角



JR有楽町駅ガード下の立ち食いそば新角です。
始めに断っておきますが、ここのラーメンは誰もが美味しいと評価するようなものではありません。
なんてったって、立ち食いそば屋のラーメンですから。

ただ、昭和40年代を東京で過ごした人間にとっては脳髄の奥に刷り込まれた味覚・・・・トリガラ出汁の澄んだ醤油スープなのです。
そして、麺はかん水が勝った、ゴムヒモのような中細の縮れ麺。
食べた瞬間、懐かしさと当時の記憶が甦ってくるような感覚でした。
まだ、こんなラーメン食わす店が残っていたのね。

さながら、名古屋人が寿がきやに感じる郷愁とでも申しましょうか・・・・・・。

これでトッピングに鳴門巻きとシナチク、ほうれん草が浮いていたら、ナミダナミダだな。


・・・・・意外とそばは、なんてこと無い立ち食いそば屋の味でしたけど。
(わかめそばのわかめの量はすごいことになってましたけど)

私的とんこつラーメン原点@博多天神


ほぼ、5年ぶりくらいに渋谷の『博多天神』に行って来ました。


ここは、かつて六本木~渋谷を酒飲みエリアにしていた際、必ず最後に立ち寄っていた店です。
というのも、井の頭線の最終で帰るため、場所的に都合がよかったんですよ。
で、夜中に替玉なんかして、翌日後悔するんですけど。

キクラゲ入り。600円。

完全に乳化しきってクリーム色になったスープ。
ホントは脂肪分多いのに、飲んだ感じはアッサリ・スッキリ。
デフォルトだと物足りなささえ感じるので、高菜や紅しょうがなどで、好みの味に仕上げることができるのは、道頓堀の『金龍』に通じるものがあるが、私はデフォルトの味が好きだ。

麺は極細のストレート。
博多ラーメンの典型ですね。

めちゃくちゃ旨いか?と訊かれるとそうでもないような気がするのだが、私にとってはとんこつラーメンの原体験がこの味なので、最近流行の脂の浮いた醤油豚骨は「違う」と感じてしまう。

名古屋出身者が、どこのラーメン食べても「やっぱり『スガキヤ』が一番旨い。」っていうようなもんですかね?

特みそこってり@らーめんダイニング ど・みそ


ラーメンは透き通った醤油味か塩味が好きなので、味噌ラーメンを選んで食べることは滅多にないのだが、評判がよいので行ってみました。
らーめんダイニングど・みそ
以前、todocciさんのブログでも紹介されていましたね。

隣はそれぞれ
十割蕎麦の恵み屋
500円にぎりランチの大舷
向かいは揚げ物の松若という、ランチ銀座(ホントに銀座だけど)にあります。


看板メニューと思しき「特みそこってり」を。

"特"と言うのは、チャーシュー2枚とゆで卵1ヶ入りのことのようです。

こってりは、背脂。
赤味噌ベースのスープにタップリの背脂を落としますから、それはそれは濃厚でこってりしてます。
少し味が濃すぎる感はありますけど。

麺は極太の縮れ。
濃いスープに良くあっていますね>


で、まあ、こってりで濃い味が好きな人にはたまらんでしょうなぁ。
でも、多少スープが濁っても誤魔化せる味だわなぁ・・・・。

B級スパゲティ2態@CHAO&静香


B級スパゲティ好きですよ。
ジャポネなんか、最近長蛇の列で入ることすら儘ならない位の人気。
みんなB級好きなのね。

・・・・・・ということで、三重県出張の帰りに名古屋で寄り道。

CHAOであんかけスパ。
季節限定メニューの「フンギ」っつっても、定番人気メニューの「ミラネーズ」(赤ウインナー)に何種類かのキノコ入れただけだがね。


で、東京に戻ってきて翌日のランチは3年ぶりの京橋『静香』。
ここは、昔ながらの喫茶店なのだが、ランチ時はフライ類や、スパゲティ、カレーなどの食事で近隣サラリーマンに大人気の店となるのだ。


中でも、たまに無性に食べたくなるのがナポリタン。

茹でおきでヘナヘナになったスパゲティ(デュラムセモリナ粉じゃなくて強力粉がいい)を炒めて、大量のケチャップでクドイ味付けにしたものなのだが・・・・・・

コレが懐かしいんだなぁ。
千切りキャベツと一緒に食べると割りとアッサリしてるんですよ。
プロフィール

不良中年N

Author:不良中年N
exciteから引っ越してきました。
まだ、使い勝手がよくわからん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
食べログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。