スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天神橋筋商店街 ショートツアー 天四編 その1 


天四編その1は、JR天満駅以北。
商店街に垂直に交差する形で、JR大阪環状線が走っており、天四を南北に分けているのだ。
天四北側入り口。天五より間口が広いのがわかると思う。
100円ショップ、エコープラザ。
引っ越してきて早々の頃、家の備品はほとんどここで揃えた。
商店街の100円ショップで一番の品揃え。

天四裏路地。
立ち飲み屋が居並ぶ奥に、風俗店。
長い商店街の中で、風俗があるのは天満駅周辺のみ。
これは大阪の商店街では珍しいこと。
阪急東通り商店街とか、風俗だらけだもんね。

まだ、イタリアントマトがあるのには、びっくらこいた。

すし政本店は天四にある。
ここは、天五と違って、すし屋激戦区ではない。
距離で言うと500メートルと変らないんだけど、随分と雰囲気が違うから不思議。
ちなみに、すし政は、天五中崎通商店街にも支店があります。

JR天満駅。
JR大阪駅から1駅。新大阪へ2駅。
新幹線にも、近鉄にも乗り換え便利。
隣にはさくらのみやも有りますね。

次回は、天四南半分を紹介よてい(ここが天五並にオモシロい街)
あすから、鈴鹿・鳥取・高知と長期出張。
ブログのネタ仕入れてきます。
スポンサーサイト

道後温泉


出張で松山道後温泉へ行った。
例によって、行って、会議して、宴会して帰ってきただけ。
朝早くに、散歩してみた。
道後温泉本館。
入浴料400円。中はおおきな銭湯みたいだった。
早朝にいるのはおじいちゃんだけ。
表側より、裏の方が銅屋根に緑青ふいて風情がある。
2階の休憩室は別料金。

道後温泉駅。
路面電車の終着点だ。

写真は休憩中だが、ちゃんと時間が来れば蒸気機関車「坊ちゃん列車」も運行する。

温泉街に行くと繁華街が気になる。
ここは寂れたネオン坂。
バーおそめって、お染ブラザースが出てきそうで怖い。
注:こことは別にギラギラのソープ・マッサージ街ありました。レポートできませんでした。

天神橋筋商店街 ショートツアー 天五編 その2 天満市場


天五が賑々しいもう一つの理由が天満市場の存在だ。
商店街の50m東に市場があるのだ。

要は、築地場外みたいなもので、現金なら一般客にも売ってくれる。

冒頭の写真は昔ながらの一角だが、一部はビルになっていて、ビル内が市場に区画されている。
それが、ぷらら天満。

中はこんな感じ。
当日は日曜のため休みが多かった。
青菓・魚はもちろん、かつぶし屋・昆布屋・魚卵屋・塩鮭屋・練物屋・・・と専門店が居並ぶ。

であるからして、プロが集まる。
プロが集まるところにはプロ用の店ができる。
業務用スーパー。
どんな品揃えかというと・・・・・・。
ここでそろえれば、あなたでも今日から居酒屋が開業できる。
居酒屋行って、数百円のつまみを頼むのがアホらしくなりまっせ。

小さいけれども道具街もある。
アタシもここで鍋を購入
こんな品揃え。

道具屋の向かいには、ホルモンの名店玉一がありますね。

やはりプロはこういったものも好まなければいけない。


本日の出演であります。


おまけ映像。
以前紹介した五割安も天五の表通り沿い。

天神橋筋商店街 ショートツアー 天五編 その1


アタシの地元天五であります。
天神橋筋商店街で一番賑々しく、濃い街であります。
 天五が賑々しく感じる理由の一つが、間口の狭さ。天六、天四に比べて、1間程度狭いのだ。
後日紹介予定の、天三、天二は、逆に1から2間広くなっている。
街の電気屋と侮れない日新電機
アタシゃ、大阪に来たとき、ヨドバシカメラとビッグカメラで電化製品そろえたが、後で見たら、日新電機の方が安いものが多かった。

天五に似つかわしくない、洒落たアフラック。
人が入ってるの見たことない。
あひるちゃんが道行く人を見守っております。。

 これまた侮りない食品スーパーミヤコ屋
2リットルペットボトル158円なので、いつもここで買う。
缶詰・乾物も驚きの価格。。


天五はすし屋大戦争もある
 春駒本店。
11:30にはこの行列。
大阪中からやってくる。
アタシも何度かチャレンジしようとしたが、一人では並んでまでよう食わん。。

向かいにはすし政中店。本店は天四にある。
観光客、遠方の客は春駒だが、地元の人はすし政へ行くという噂。。
天五には、春駒もう一軒。
2大巨頭以外にも、すし屋4件位あります。。

忘れちゃいけない串カツ七福神。
ビール一杯目、100円ということで、昼から酔っ払いの巣窟です。。
おかし現金問屋まるしげ。
天神橋筋商店街に沢山店舗構えてます。
北のはずれは天五。。

天五に垂直に交わる形で天五中崎町商店街がある。
こここそ、本当のアタシの地元で、ある意味天神橋筋商店街よりオモシロいので、いずれ集中リポート。

次回は、天五番外編で、周辺路地を取り上げる予定です。

到来 バースデイモデル200A


天五は一日伸ばし。

念願のコールマン200A 19××年1月モデルがオークションで入手できた。
アタシのバースデイモデルなのだ。しかも、USモデル。
(別に伏字にしなくても、ラベルを見れば年号はわかる人にはわかってしまうんだけど。)

このモデル、今まで、オークションで3回ほど見かけたが、アタシには手の届かない金額まで、高騰してしまっていたのだ。
今回は、運よく競り合わずに落札できた。


もう一台、大阪に持ってきた、カナダモデル1960年8月と記念撮影。
赤の色が微妙に違うのがお分かりいただけるだろうか?

天神橋筋商店街ショートツアー 天六編


先週末半日かけて、日本一長いといわれる、天神橋筋商店街を南から北まで歩いた。
この濃さと楽しさを味わっていただきたくて、何日かかけて、商店街とその周辺を紹介しようと思う。
まずは、北の入り口、天六から。
商店街、入り口。
すべては、ここから始まるのだ。
天六は地下鉄2本と阪急の通る、大きな町。
東京で言えば、上野か錦糸町だ。

とはいえ、てんろく商店街には、特徴ある店は少ない方。
巨大なたこ焼きやが目を引く程度。


商店街には、やたら、100円ショップが多い。
シルクは最北店。
日用品に強い。


30メートル西の大通り「天神橋筋」に不思議な一棟。

スエヒロは狙って作ったと思われるが、医院はホントこれで開業している。
誰が行くんだろう?

商店街側から撮るとこんな感じ。
道向こうに、がっかりしたカレーうどん屋が見えますね。

アタシが毎週ロト6を買うチャンスセンターも「てんろく」にあります。

まあ、「てんろく」はこんなもん。次回は、商店街中の白眉。
アタシの地元天五に行きます。
ご期待くださいまし。



インディドライバーと小倉優子(ゆうこりん)


 東京で一緒に仕事をしていたI野氏から、宅急便が届いた。

左側は、トニー・カナーン、ブライアン・ハータ、ダン・ウエルドンをはじめとした、Indyドライバーのサイン入り。
右側はコリン星からやってきたアイドルのサイン入り。宛名まで書いてある。

・・・どういうつながり? と思うかもしれないが、日本ボウリング場協会はIndyJapanのプロモーションパートナー。
ゆうこりんは協会のイメージガールなのだ。
美少女ボウラー危機一髪というアイドル映画にも出てましたね。

I野氏は協会のお仕事をしていたので、入手できたそうだ。
どーもありがとうございました。
家宝にいたします。

香川 琴平温泉


仕事で香川琴平温泉に行く。

特急停車の駅舎は、小ぢんまりとしつつも風情があり、昔の田園調布の駅のよう。
特急停車駅なので、駅前が多少は賑わっているのかと思ったら、いきなり鄙びた町中温泉。
コンビニもなく、現金おろせず往生こいた。
宿入って、会議に出て、温泉入って、宴会出て、泊まって帰ってきただけ。
金比羅大権現も見る暇なかった。


駅前メインストリート。

プロ仕様 調理道具


アタシは自炊派だと紹介したが、実は炒め物と大量の茹で物が今までできなかった。
東京から持ってきた、ちゃちいフライパンと18cmの片手鍋、ミルクパンしか鍋がなかったのだ。

アタシの実家は料理屋なので、プロ仕様の鍋が揃っている。
大阪の棲家でもそんなんが欲しかったのだが、道具街は千日前まで行かないとない、と聞いていたので、機会がなかったのだ。

ところが、徒歩5分の市場の横に小さいながらも道具街があったのだよ。

まずは、24.5cmのやっとこ鍋。取っ手のついていないボウル状の鍋。
取っ手がないので、スタッキングできる上、プロはそのままオーブンにぶち込む。
持ち上げる時は、縁をやっとこで挟む。
アウトドアでも使いやすい。
同様のコンセプトでフランスのティファールがあるけれども、はるか前から、日本の調理人は使っていたのだよ。

もう1つ、26cmパエリアパンも入手。
これは、シーズニングしているところ。
鉄板鍋は、最初錆止めのパラフィンが塗ってあるので、から焼き、くず野菜炒めでパラフィン抜きと油なじませをしないと使えない。
これもフライパンよりアウトドアで使いやすい(持ち運びしやすい)

シーズニング終わったところ。
使い込むと黒光りしてくる。
この手の道具で困ることは、もっともっと欲しくなること。
早くももう1サイズ小さいやっとこ鍋が欲しくてたまらない。


発見! 大阪飲食店の法則


家の近くで、前々からすごく気になっていたうどんや

カレーうどんが名物らしく、店の前には雑誌で紹介された記事や、VTRでテレビで紹介された模様まで流している。
写真失敗して、切れてしまったが、「大阪一なら日本一」と書いてある、期待しちゃうじゃないの。


えび天いり上カレーうどん。750円也。
・・・・・・期待が大きかっただけに、失望も大きかった。
トッピングでチーズやカツやコロッケが選べる点が物珍しいだけで、肝心の本体カレー汁は何の変哲もないものだった。
 アタシの知る限り、最高のカレーうどんはやっぱり、名古屋錦三丁目のうどん錦だなあ。

で、先日の。油そば「龍撰旗」に続いて、失敗して悟った真理というか、ゴールデンルール。
大阪の飲食店で自ら、「うまい」と大声出している店に限って大したことはない。

つまり、大阪で本当にうまい店は、そんなこと言わなくっても(←「岩魚食っても」って変換しやがった)客が入るんだと思う

魔法の調味料 花山椒 花生油


先日、神戸南京町に行った目的の一つが、花山椒と花生油(ピーナッツオイル)を仕入れること

中華料理の辛さには、唐辛子の辛さ以外に、この花山椒の痺れる辛さが欠かせないのだが、日本の中華料理屋はあまり使わない。


本日の食材。
花山椒・カイエンペッパー(赤くて悪意にみなぎってるのがそうだ)・南蛮味噌(コレはアタシの実家、山形の激辛唐辛子を刻んで味噌に漬け込んだもの、豆板醤より辛い)・そして、何の変哲もない理研のマーボの元。


花王油は花山椒半分を煮込んで、山椒オイルを作ったのだ。
上記の食材適量とお豆腐、ネギを、少量の中華スープで煮込んでから、インスタントマーボの元を入れるだけ。
仕上げに山椒オイルをタラーリ。


今日は茹で上げうどんにかけて見た。
インスタントマーボがベースながら、街の中華屋のマーボの百倍は旨い。
汗、ペットボトル1本分かきます。


近くで、中華食材揃えられる方、おためしあれ。



天神橋筋商店街 油そば 龍撰旗


 アタシの家の近くには、天神橋筋商店街という日本一長いアーケード商店街がある。
どのくらい長いかというと、端から端まで歩くとおおむね30分。
測ったわけじゃないが、感覚では銀座の1丁目から8丁目まで歩くのと変らない感じだ。

そこが、1から6丁目まで、6つのブロックに分かれていて、それぞれでイベントをやっている。
この商店街をブログにあげていくと、1年分のネタができる。
おいおい、紹介していく。

今日は、その3丁目にある気になっていた店に昼飯食べに行った。

でかでかと油そばの文字。 大阪一うまいとも書いてある。
おーおー、言ってくれるじゃないの。
アタシは、油そば発祥の地、武蔵境珍々亭の油そばも吉祥寺ぶぶかの油そば
も制覇した男でっせ。

油そば定食800円。
関東の油そばは浅めの丼に入っているが、ここのは皿盛り。
すごい麺の量!!と思ったが、炒めキャベツで上げ底してあった。
魚系のだし。味濃い目。
表面を覆う青ネギが新鮮だが、これで大阪一って言われてもなあ。
でも、ほかに油そば扱ってる店なさそうだから、また来てしまうんだろうなあ。

なぜか店内は、なつかし看板や古い映画ポスターでなつかしバー風。
でもビールのキャンギャルポスターも貼ってあったりで、統一性は無し。
全般にゆる系



なつかしビスコ



出張で、東京へ。
久々に家に帰るので、ムスメにお土産をと思ったが、何が良かろうかと迷った末、伊丹空港のぐりこやでなつかしビスコを。グリコは大阪ちっくだしね。
うけました。
子供のお土産にオススメです。

京都にも行く 先斗町にて鱧をくらふ。


 週末、土曜日は岡山。日曜日は三重に出張。
 日曜の夕方はまっすぐ大阪に帰らずに、京都へ行く。

・・・というのも、山形の父親が友人との旅行で京都に泊まっていたのだ。
 この父親、大正生まれで80を超えているのだが、なかなかにアクティブで、2000年には、クルージングで数週間かけて日本一周なんぞもやっている。

 今回は、京都・愛地球博・下呂温泉、飛騨高山、3泊4日の旅。その1日目だった訳だ。

・・・といっても、父親もその友人もアタシも京都は、ほとんど知らん街。とりあえず、繁華街であろう四条河原町までタクシーで行き、テキトーに店を探すことに。
・・・四条から三条まで河原町を歩いたところで、メインストリートには食物屋が無いことが判り、右に折れて鴨川方面へ、・・・なにやら酒飲みの嗅覚が働き、川沿いを下ると、不思議な街が現れた。
 幅1間足らずの石畳に両側に飲食店がズラリ、妙に風情のある飲み屋街。
異次元に迷い込んだような感覚。

・・・実はそこが先斗町だったのだ。
入り込んだときは、そうとは気づかず、面白がって今度は逆に三条から四条まで石畳を歩くと、四条の入り口に「先斗町」の看板を見つけて、なるほどそうかと納得した次第。

 で、先斗町には敷居の高そうな店が沢山ある。暖簾だけは出ているが、入ったら、
「ウチは一見さんお断りでっせ。」とかいわれそうな感じ。
 うろうろしつつ、また三条方面に戻り、入り口にメニューの出ている店に飛び込んだ。

 これが、大正解だった。
 創業55年の老舗だが、仲居さんをやめてアルバイトの学生さん(コレがしっかり教育されてて気持ちがいい)を雇い、その分リーズナブルな価格設定にしてある。
 せっかくのシーズンなので「鱧しゃぶ 京懐石」をいただく。
 口取りは豆腐に生うに

八寸。アスパラのミルク寄せほか

 椀物
 あわびと生姜の冷たい汁。
 コレがサイコーに旨かった。

 お造り
 マグロ・スズキ・牡丹鱧

 メインの鱧しゃぶ。
 コーフンして、写真も撮らずに鍋に投入してしまった。

 こんな感じ。
 やっぱり今の季節は鱧やね。
 本当はこの後、中皿として、天然鮎の塩焼きもあったのだが、完全に写真のことは忘れてしまっていた。

 小鉢
 冷やし素麺。
 粋です。
 この後、お豆ご飯とお味噌汁、デザートに柚子アイスまでついて、7.000円は安い!!
お酒もたいがい飲んで、一人一万円は大満足でした。


 昨日は生憎の雨だったため、座敷だったが、9月中は。納涼床が名物だとか。
 シーズン中にもう一度行きたいなあ。

 帰りに、最初に飲んだ生ビールのグラスをお土産にくれるにくい演出。
 模様入りで洒落ているのだ。

 やっぱり、ジャンクフードよりスローフードはいいなあ。
 父子ともども、幸せな夜でした。

神戸に行く



 先週末は、一人神戸へ。
 女一人の神戸散策は絵になるが、おやぢ一人の神戸はむさ苦しい。
 でも仕方ないのだ。
 神戸の中華街(南京街)はまんま横浜中華街を小さくした感じ。
 華僑の方々が作る街は、同じ感じになるのかな?道幅が狭い分、神戸のほうが猥雑感があってよろしい。
 いろいろ、自炊用食材を仕入れる。使用リポートはまたいずれ。

 メリケンパークから。
この感じもミニ横浜。
ベイブリッジが無いだけ。

 神戸の人も不思議な言語感覚。
 このネーミングは無いよな。
プロフィール

Author:不良中年N
exciteから引っ越してきました。
まだ、使い勝手がよくわからん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
食べログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。