スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怪しの街 阿倍野


阪神が優勝した。
テレビでは、大阪・兵庫の街々が大変なことになっているかのように報じられているが、あれは道頓堀と尼崎など、一部のこと。
アタシの住む天満は大人しいもので、地元のスーパーがひっそりと日用品半額セールをやっていたのを、レジで支払いしたときに気づいた位です。

仕事で平野の方に行き、帰りに前々から気になっていた街阿倍野で途中下車してみた。

阿倍野は、不思議な街だ。
中心というものが無く、幹線沿いに人の集まりそうな場所や建物が点在している。
そして、雑多。

東京に喩えるならどこだろう。池袋のマルイ近辺か錦糸町といった感じだろうか。
実に見事な看板でした。


看板の割りに、店は小さなものでした。

阿倍野の人は、よほど肩が凝るのかなあ。
路地裏にはマッサージが並ぶ。

鍼灸院も近くにあった。

突然未知との遭遇


実は阿倍野のランドマークのファッションビルHoop
Hoop裏が阿倍野の最もホットなエリアらしい。

でも、未だに混合交通の路面電車が走っていたりするのも不思議。

今度は、夜に探索に来なければなりませんなあ。
でも天満からは遠いんだよな。
スポンサーサイト

霜降り椎茸 ぎんれい


久々にびっくりした旨いもん霜降り椎茸 ぎんれい
北新地のとあるラウンジで出されたとき、あまりの旨さに腰が抜けそうになった。
食べたときは、高級塩昆布だと思っていたので、聞いた場所に買いに行ったが、中々見つからなかった。
実は、椎茸だったのだ。
阪急百貨店のオリジナル。
関西の方は、梅田阪急のB1へ。
それ以外の人は、上のリンクからお取り寄せできます。
だまされたと思って、お試しあれ。

結論 ミンチカツです。


以前、なかちゃんさんのブログで「ミンチカツ」か「メンチカツ」か?
というのが議論されておりましたが、ズバリ大阪では「ミンチカツ」でした。


で、9月24日に、この「ミンチカツ」を4ヶ食べて以来、胸焼けが収まりません。

大阪 遊びたおしの日々


9月22日木曜日、自転車な日々の管理人todocci さんが大阪にやってきた。
彼のライフワークでもある、7時間サイクルエンデューロの打ち合わせのためだ。
サイクルイベントの運営・計時のノウハウを持っている㈱マトリックスさんは大阪の企業なので、その打ち合わせだ。

todocciさん打ち合わせ終了後、当然のように飲み会へ。
まずは、天五中崎通商店街のオープンお好み焼き福猫(ふくにゃん)
ここは、前々から気になっていたのだが、一人で入りづらかったので今回todocciさんをダシにしたのだ。
このお店は大正解。
一人で切り盛りしている福娘さっちゃんはちゃきちゃきの大阪っ娘で気持ち良い。
喰いもんは一人でもOKの分量だし、これで一人でも臆せず入れるようになったので、多分通ってしまうことになるんだろうなあ。

店内はこんな感じで、ニャンコグッズで溢れかえっている。
途中、アタシの事務所のK門さんも合流。

その後、アタシが師と仰ぎ、また7時間サイクルエンデューロのプロデュースのお手伝いもいただいている、G社Y本社長も合流し、ギャル居酒屋風カウンターバー山小屋パブと不思議なコンセプトの店をハシゴ。2時半過ぎまで呑み倒した後、真夜中に天五屋でうな丼と肝吸いを食す。
当然todocciさんはアタシんちご宿泊。


翌朝、計画も無しに活動開始。
天神橋筋六丁目で朝食を摂った後、なんとなくミナミまで歩くことに決定。

淀屋橋のマンション建築地で見つけた看板
ああ、トシちゃんご健在でしたか。

施工主はAPAグループ。
で、当然アノ社長も看板に登場。
トシちゃんのファンなんだろうか?
タニマチだったりして・・・。


2時間弱歩いて新世界に到着。
昼食時だったので、当然串カツで一杯やろう、ということになりジャンジャン横丁へ。


そこのおっさん! ! ソース二度づけ禁止でっせ! !。


いい感じで酔っ払ってフラフラ散歩。
地下鉄動物園前の新聞屋はアヒル付き。
天五のアフラックもこれくらいがんばって欲しい。


歩いて汗だくなのと、酔い覚ましをかねてスパワールドへ。
巨大都市型天然温泉施設。
今キャンペーン中で1.000円なのだ。
でもリネン使い放題、プール・ジム無料でこの値段じゃ絶対赤字だよな。


酔いが醒めたところで、新戎橋まで歩いて戻り、居酒屋「奴」へ。
ここはG社Y本社長がオーナーの店。
今日、特設ライブがあるからと誘われていたのだ。
ライブは今西 太一
関西中心に活躍している骨太ミュージシャンだ。
曲風はスローバラードからブルース・ロック調まで。激しい詩とパワフルなヴォーカルで圧倒する。
J-POPなるものと対極に位置する、自分をさらけ出したジャパニーズソウルは感動物でした。
ただ、あのエネルギーはCDだは伝わらない。
やはりライブな人なんだろうなあ。
ちなみに後ろに移っているのは木村ゆか
キーボード&アコーディオン、爆裂的に上手いが、昼の顔はG社の経理担当。
全然知らんかった。
かくのごとく、客席と間近でのライブ。
写真手前の女子大生、結構可愛かったっス。

ライブ終了後は法善寺横町を通って・・・。


堺筋のつるとんたんでカレーうどん食べて帰りました。
タバコ箱と較べた丼のサイズにはびっくらコかなくてはいけない。
最近六本木店も出来たらしいので、東京の方ぜひどうぞ。


一日歩き詰め・呑み続け・食べ続けの日々でした。

ANA UNIFORM COLLECTION その3


暇だったので、未開封だったANA UNIFORM COLLECTION を6箱開けてみた。
さすがに、うち4箱はダブりだったが、まだ、出てきていなかった2体登場。



8代目。1990.11.1-2005.4.30
つい最近までのユニフォームなので、見覚えがある。
デザイナーは芦田淳。7代目と同じだ。
ちょっとフィギュアの出来は良くない。

9代目。
現行ユニフォーム。
2005.5.1-
デザインは田山淳郎。
今風で、いいデザインです。
フィギュアもGood。
これで、1から9代目揃ったが、9代目だけ、色違いがあるんだよねー。
コンプリートまで、あと1体。

ついでに、コレクションボックスなんぞも購入してみた。
これは、1から4代目と9代目用のNo.1ボックス。
5から8代目と9代目色違い用のNo.2ボックスも入手済み。



一体アタシ、単身赴任地で何やってんだろう?

天五中崎通商店街 うまい屋


天五中崎通商店街で行列のできるタコヤキ屋、うまい屋で食す。
8ヶ300円。
何の飾り気のない作りだが、濃厚なダシの利いた生地で妙に旨い。
マヨネーズや鰹節粉で誤魔化したモノと比較すると、けれん味の無さが清々しい。

かくのごとく、刷毛でソースを塗っていただく。
店内食は皿盛りだが、テイクアウトは経木の舟になる

さすが、昭和27年創業。看板も行けてます。
たこ焼き器も鋳鉄製ではなく、特注の銅製。
夜7時には店仕舞するところが、また老舗っぽい。

京都 粟田山荘と舞妓はん


京都で、会合と、さる会社の社長さんの引退送別会があった。
会場は粟田山荘という、料理旅館。

西陣織で財を成した方の別荘だったらしい。
料理は、典型的な京懐石。(写真撮る雰囲気じゃなかった)
雰囲気と値段にぶったまげる(最低15.000円)が、味は大した事ない。

で、なによりびっくらこいたのは、芸妓はんと舞妓はんがお座敷にはいったこと。
芸妓の雛菊姐さん。
踊りも上手。
芸妓はんは、カツラをかぶり、帯も本結び。

舞妓の満彩代さん。17歳。
舞妓はんは自分の髪で髷を結うのだとか。
結ったら1週間ほどけず、洗髪もできないらしい。
枕も時代劇に出るようなものを使うとか。
帯もだらり帯。

新人舞妓の富久美さん。16歳。
舞妓に憧れて、一人で大分から上洛したとのこと。
平成生まれ初の舞妓ということで、メディアにも取り上げられ有名らしい。
ほんと、かわいかったっス。
新人舞妓は、下唇しか紅をさせないらしい。
髪も花かんざし


上に書いた、だらり帯はこんな感じ。

初めて芸妓はんや舞妓はんを見たけれど、このお茶屋遊びっていうのは、大事な日本文化だと思う。
すたれさせちゃいけないな、と思った。
・・・・・といいながら、自分でおいそれとはできない遊びだけれど。


この後、3人とも祇園での二次会まで付き合ってくれて、最後お見送りもしてくれました。


中々体験できない一夜でした。

惣誉


夜中にpoohpipicocoさんのブログを見ていたら、無性に酒が飲みたくなった。
本当は、家では飲まないことにしていたのに・・・。
冷蔵庫に惣誉の四合瓶が2本も冷えているんですもの。
大阪に転勤してくるとき、栃木の友人から貰ったのだ。
吟醸というより、本醸造に近い味わい。
夜中に飲むなら、これくらいのほうが飲み過ぎなくてよい。


夜中なので、肴は最小限にヘルシーなものだけ。
ゆっくり二合半呑んだら、翌日少し残ってました。

ATC & WTC


大阪人は、地名・施設を略号で表すのが好きらしい。

問題、次のアルファベットは何の略号でしょうか?
①OAP
②OCAT
③OBP

答え
大阪アメニティパーク : 造幣局近くのビル街・帝国ホテルがある。
大阪シティエアターミナル
大阪ビジネスパーク : 大阪城近くのビジネス街区・ニューオータニがある。
しかも、この略号は、ちゃんと地図にも載っているし、URLにも使われているから、大真面目なのだ。

で、土曜日、ATC & WTCに行ってきた。
もちろん高速道路自動料金収受装置&トライアル世界選手権ではない。(それはETC & WCT)
アジア太平洋トレードセンターワールドトレードセンターのことだ。
WTC。
私のカメラでは全容が写せないくらいでかい。
中央がコスモタワー。
左がミズノ本社。奥がハイアットリージェンシー。
上はここまである。
ミズノビルと比べてみてください。

で、ここは、大阪市が気合と税金を投入して造ったはいいが、まるで入居がないのよ。
かろうじて市の外郭団体がちょろちょろ入っているだけで、大赤字。
まあ、大阪市のやりそうなことだ。



こっちは、ATCの内部。
大塚家具とアウトレットが入っているけど、土曜日でこの人出はつらい。
アウトレットどんどん撤退してます。
大阪市は、ここを東京のお台場みたいにしたかったんだろうなー。


で、何をしに行ったかというと、扇風機を取りに。
金曜日、仕事でWTCに行き、2階のインテリアショップが投売りしていたのを予約していたのだ。
家の近くのショップで17.000円で手が出なかったのを6.400円でゲットです。

人が来ない店も、買う立場からするといいこともあります。

オーガニックビル


久しぶりに休みだったので、自転車な日々をしてみた。
今日は、大阪の中心地を探索。
そこで、オーガニックビルを発見。
大阪のガイドブックにはよく出てくるが、どこにあるか知らなかったのだ。

1993年ガタエーノ・ぺッシュ作。植木鉢の数は132ヶ。

うーん。確かにすごいんだけど、ガイドブックの写真には電線は写ってない。
実際は、くもの巣状の電線だらけ。
どんなすばらしいデザインの建物でも、周りの景観しだいで台無し。

おーい、大阪市。無駄な税金使ってないで、景観条例でも制定しろー。
プロフィール

Author:不良中年N
exciteから引っ越してきました。
まだ、使い勝手がよくわからん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
食べログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。