スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松江 宍道湖 臨水亭


出張で一泊二日で、島根県松江へ。
島根県は、初めて。そして、これで47都道府県全制覇。
(といっても、岩手県と山口県は電車で通過しただけだけどさ。)

JR松江駅は、本当に県庁所在他の駅だろうか?
というサイズ。
京阪枚方市駅くらいの大きさしかない。(爆)


でも、宍道湖は素晴らしい。景色・湖水を渡る風の気持ちよさ。心が洗われるようです。


夜は、松江で一番由緒正しい料亭といわれる、臨水亭へ。


ここの一番の名物は、宍道湖で獲れた
スズキの奉書焼
50cmはあろうかという、巨大なスズキに塩を振り、出雲和紙で包んでから蒸し焼きにしてある。

大体、一尾8人前くらいあるので、仲居さんが取り分けてくれる。
コレは、頭を豪快に引きちぎったところ。
ぶちッと音がしそうでした。

取り分けてくれた姿が美しくないのが難点。
味は・・・・・・
ほら、名物にナンとやらって言うじゃないですか・・・。



可愛らしいSAAB340に乗って帰ってきました。
スポンサーサイト

シマノロードレース ウイダーガール 丸尾姉妹


週末は、第23回シマノ鈴鹿ロードレース。
今年は、エントリー数も増えて、大盛況でした。

国際ロードレースのスタート
いやあ、第白熱の面白いレースでした。

でも、今年の白眉はウイダーガールの丸尾姉妹
(アタシのブログ最近、喰いもんとギャルネタばっかりですね。)
今回、現役のウイダーガールはavexのイベントだったため、3年前のガールだった、右側の
丸尾あゆみちゃんに代打で登場願ったそうだ。
彼女はこのブログにも何度何度も登場している。
今年のミス日本準グランプリにも輝いた、スレンダー美女だ。

今回、二人目が揃わなかったため、あゆみちゃんに妹がいるらしい・・・・・・
「多分彼女の妹なら美人だろう。」ということで、誰も会った事の無い素人の妹を呼んだそうだ。

来てみてビックリ! いずれアヤメかカキツバタ。素人とは思えぬ可愛さでした。

パドックでは、叶姉妹より丸尾姉妹。(当然コマドリ姉妹より)の声しきりでした。

ピンでもご紹介。
姉の丸尾あゆみちゃん。
TVや雑誌モデルでも活躍してます。
171cm、49kg。
バスケットボールで鍛えた完璧なモデル体型。

ちなみに腕だけ写ってるのはアタシね。


妹の丸尾みゆきちゃん。
彼女もバスケットボールで鍛えた健康バディ。
プロのモデルじゃないので、ぎこちないですが、
チョー可愛いっす。
モデル顔というよりアイドル顔ですね。

しつこいようだけど腕だけ写ってるのアタシね。


二人にバスケットボールを使ったエクササイズをしてもらって、「丸尾姉妹のバスケサイズ」っていうDVD作ったら売れるだろうなぁー。という話で盛り上がりました。
もちろん、本人たちもいる場所での話題ですよ。
結構乗り気でしたから、誰かこの企画買ってくれませんか?

旬味ひげ 牛スジ定食


昨日の昼は、旬味ひげの牛スジ定食750円。
牛スジ・人参は、噛む必要が無いくらいトロトロに煮込んである。
酒のアテで頼む「煮込み」の3倍くらいのボリュームだが、ご飯お代わりして、ペロリと行ってしまう。
昼間っから酒呑みたくなるのが困ったところ。


居酒屋 山瀬はどうだろう。


関西エリアの飲食店紹介ブログで居酒屋山瀬の評判がいい。
実はこの店、アタシの棲家から徒歩2分くらいのところにあって、ほぼ毎日前を通るが、今まで入ったことが無かった。
入らなかった理由は二つ。
1.昨年、大阪に来てすぐ、この店の張り紙をネタにしたこと
2.飲食店の形態として「居酒屋」というのが、そもそもあまり好きじゃなく、滅多に行かないのだ。
 中華屋とかイタ飯屋とか、海鮮料理とか・・・とにかく曖昧じゃないのが好きなのだ。

ただ、あんまり評判がいいので行ってきましたよ。
まぐろのほほ肉のステーキ。ちょっと甘すぎる感じはしましたが、中々いけます。


鱧は、湯引きではなく、遠火で炙ってあります。
いい仕事ですね。
気に入りました。


呑んだのは、さつま司。
焼酎もそれなりに揃っていて、値段も高くは無いです。


そのほかの料理も総じて旨かったです。
他にも刺身3種と鯛のアラ炊き、オムそば飯を頼んで、一人3.500円程度でしたから、
まあリーズナブルでしょう。

じゅあ、足繁く通うか? と訊かれるとどうでしょう。
誘われたら断らないけれど、自分からは多分、行かないかなあ?
なぜかって?

入り口入って、すぐのカウンター横にビールケースやら段ボールやらが積んであるんです。
アタシ、こういうのが嫌いというか、もう興醒めで、その店の品格を疑ってしまうんですよね。
気にならない人は、何とも思わないかもしれないけれど、せんべろの安酒屋や立飲みならともかく、それなりのお代をとる店で、こういうの、はっきり言って許せないんですよね。




洋食屋アラカルト チキンキエフ


maaさんのブログで紹介されていた、洋食屋アラカルトのチキンキエフが気になって気になって堪らず、行ってきました。
ここでは、いつもあまり考えずにAランチを頼んでいるので、こんなメニューがあることすら知らなかった。
チキンキエフ900円。
鶏の胸肉で、ハーブとバターをサンドイッチして、衣揚げにしてある。
表面はサクサク、中はしっとりジューシー&オイリー。
ソースは何でしょう。
トマトピューレとコンソメを煮詰めたようなアッサリしたソースです。
アタシには少しアッサリしすぎ。
個人的には粒マスタードソースでいただきたかったです。

でも、Aランチ以外も美味しいですね。
別のメニューもチャレンジしてみたくなりました。

瀟洒な外観。
夜、一般営業していない(予約すれば二人から貸切であけてくれる)のと、いつ行っても、お子さんがいるのが、ちょっとだけマイナスポイント。
レストランで生活臭がするのはちょっと嫌いなので・・・。


紫微星 四川定食


今日の昼は紫微星で四川定食。1.000円也。


メインは魚香肉糸(ユイシャンロースー)。
チンジャオロースーに似ているが、ややピリ辛で酸味が付いている。
魚の獲れない四川省で、魚の風味を味わうために考え出された技法らしい。
旨いぜ。

サイドは、蒸し鶏の紹興酒風味。
柔らかいぜ。

街の中華屋さんみたいな外観ですが、味は確かですよ。


カレー屋 じゅんちゃん


最近、時間が無いときに昼に利用するのがカレー屋じゅんちゃんだ。
神山の交差点から少し入ったところ。グリル粒胡椒サトミ食堂からも近いエリアだ。

ビーフカレー650円。
とっても嬉しくなるカレーです。
決してインドカレーのようにスパイシーなカレーではないのですが、食べると実に幸せな気分になれます。
玉葱とりんごペーストたっぷりのルーは、喩えて言えば、昔食べたバーモントカレーを一万倍くらい美味しくした感じでしょうか?
アタシは、辛いのが好きなので、いつも辛口をオーダーしてしまうのですが、甘口の方がコチラのカレーの美味しさを際立たせてくれるかもしれません。

ビーフ・チキン・カツ・・・といった定番メニューの他に、週替りで様々なカレーを出しており、過去のメニューがHPで紹介されています。
このHPが、カレーの薀蓄やMakingなどが載っており、オーナーのカレーに対する情熱が見て取れて楽しいです。
カレーソースの宅配もHPからオーダーできるので、遠方の方はいかがでしょう?

この看板が目印なのですが、実にマスター(じゅんちゃん?)に似ていておかしくなってしまう。
奥さんなのでしょうか?
おっとりした女性とのコンビネーションがまた味わい深いです。




踊らにゃそんそん!


徳島の阿波踊り。初めて行って来ました。
8月14日~15日にかけて、0泊2日の強行軍です。


いやあ、聞きしに勝る熱気と迫力ですね。
徳島駅の周りに21箇所もある、「演舞場」で常にいくつもの「連」が踊っています。
歴史があり、踊りも完成された数々の「有名連」だけでなく、大学の同好会連、企業連、その日の飛び入りの「俄か連」・・・・・とスタイルは様々ですが、とにかく皆んな楽しんでいます。



何事もやってみなければ、気がすまないアタシは、伝をたどって、企業連の一つ「アサヒスーパードライ連」に
参加させていただき、3本も踊ってきました。

同じ阿呆なら踊らにゃ損損。
ですからね。

もう、足と腕パンパンです。

一緒に写っているのは、今年のアサヒキャンペーンガールの尾形沙耶香ちゃん
彼女も二日間踊ったそうですよ。
キャンギャルも大変だ。

でも、宿が取れないので終わってからが大変。
夜中まで呑んで、そのまま夜明かしして、翌日朝一番のバスで大阪に戻ってきました。

Suzi Quatro GREATEST HITS


Suzi Qのベストアルバムをアマゾンで購入。

驚いたことに彼女と来たら、只今、御年56歳になるってのに現役で活躍中なんですね。
公式HPを見てびっくりしました。←公式HP大音量です。夜間注意。


偉大な、シンガーでしたなあ。彼女以前は、女性ロッカーなんて殆ど居なくて、彼女が居なければ、ランナウェイズもブロンディも現れなかったかもしれませんね。
少なくとも日本にSHO-YAは生まれなかったのは間違いない。

いやぁ。久々に聴くSuzi、良いですなぁ。
Can the Can、48Crash、WILD ONE・・・音作りはシンプルですが、パワフルにグイグイ押してきます。
思えば、1977年6月12日の中野サンプラザ公演、なけなしの小遣いはたいて行きましたっけ。
アタシのメジャーコンサート初体験でした。
大股ひろげて、シャウトするSuziは、思春期のアタシの下半身を直撃ボンバーでした。

改めてベスト盤聴いてみると、1978年頃を境に、それ以前の曲は全て知っている(というかドーナツ盤全て持ってました。)
それ以降の曲は、うろ覚えだったり、知らなかったり・・・。曲調もストレートなロックンロールから、ポップスっぽく変わっているのもこの頃ですね。

Suzi!おばさんになっても好きだよ。
また日本に来ておくれよぉ。



そんな奴は嫌いだ。


天神橋のはずれで見つけた、喫茶パブ『我母』。
おうおう、そうかい。そんな奴は、嫌いだね。

ジンベイザメ


夏休みで、子供たちが大阪に出てきたので今日は海遊館へ。

グリル 粒胡椒


グリル粒胡椒は、会社の程近くにある洋食屋なのだが、なんとなく敷居が高く未突入だったのだが、ついに行ってきた。

店内は、カウンターのみ12席程度。間口1間半、奥行き2間半くらいの、うなぎの寝床のようなつくりです。
マスターと奥さんでしょうか。二人で切り盛りしているようです。

日替わりランチ700円。
とってもお値打ちです。
日替わりは、1プレートに4~5種類の料理が盛り付けられ、ご飯とスープが付く。

本日の日替わりは
・サーモングリル
・チキンのラタティユ風煮込み
・ツナ&パスタのサラダ
・にんじんグラッセ
・小松菜のおひたし

それぞれ、高価な食材ではないですが、きっちり手をかけて作ってあり、ファミレスの日替わりにも出てきそうなメニューですが、中身は全く違いますね。

フライパンの看板が目印。




KYOCERA FinecamSL300R


サブカメラとして、日々持ち歩いているのが、KYOCERA FinecamSL300R



とにかく薄いのが持ち運びしやすくて重宝していたのだが、先日、コンクリートの上に落としたところ、撮影ができなくなってしまった。
メーカーに問い合わせたところ、修理の工賃だけで6.000円かかるとか。

・・・ということで、オークションでもう一つ買ってしまった。
限定1万台のホワイトカラー。
512MBSDカード付きで10.000円。

多分、修理するより安く付いたと思うけど、シルバーも愛着あるしなぁ。
やっぱり修理して、2台体制にしようかなぁ。

でも、それより買うほうが安かったりするから・・・・・・
そんなに買ってどないすんねん。

インドレストラン ビンドゥ


今日のランチはカレー。
会社近くのインドレストラン ビンドゥへ。


Bランチ(カレー+ナン+ライス+タンドリーチキン+シシカバブ+サラダ+ラッシー)945円


とりたてて旨いカレーでも無いのですが、何と言っても安いのと、辛さが5段階選べる点がありがたく、たまに通ってしまうのです。




レストランガイド


えーと。食べログの中にレストランガイドを作ってみました。

その名も「nozopooな毎日」のレストランガイド

まあ、今まで書いてきた、そしてこれからも書くであろう、メシネタを「抜粋」もしくは「リライト」して別ブログにした感じです。

まだ、ネタ数少ないですが、サブブログということで、どうぞソチラもヨロシク。

淀川大花火大会


今日は、淀川大花火大会。

昨年は、近くまで観に行ったのだが、今年は、方角的にもしかしたら、家から観えるのではないか・・・・という期待を基に自宅観覧。


あーら。残念。
方角的には、家のベランダの真正面でしたが、最近できた高層マンションと阪急インターナショナルホテルが通せんぼ。

尺玉級が上がったときだけは、かろうじて観えました。

来来亭 中華そば


滋賀県が発祥地で、最近関西地区で勢力を伸ばしているのが来来亭だ。
まだ、中部以東には進出してないようですね。

なんとなく今まで敬遠していたのだが、京都でふと立ち寄ってみた。
ワンタンメン、ネギ多目。
なんとなく、店の外観から「豚骨醤油にごり系」かな~と思っていたのですが、動物系のダシではありますが、澄んだスープで嬉しかった。
オーダー後に気づいたのですが、背脂ヌキもできたみたいでした。
まあ、普通に旨いです。
四条葛野大路店の外観。

ロードサイドラーメン店って黄色と金赤の外観って多いですよね。



麦焼酎「泰明」 米焼酎「山翡翠」 明宝ハム


先月末、立て続けにtodocciさんと呑む機会があった。
二日続けて「海斗」へ。
何気なく初めて入ってみて、すっかりお気に入りになってしまった店だ。

todocciさんは、麦焼酎にはまっているので、当然まずは麦焼酎から。
お店の主人が勧めてくれた泰明
麦焼酎というと、二階堂いいちこがポピュラーになってしまったため、呑みやすいが、芋焼酎に較べると力強さに欠ける・・・というイメージがあるが、どうしてどうして、麦の香ばしさを残した銘柄は、芋にも劣らないパワーを感じます。
今回の泰明もそんな感じ。実にムギムギしてます。

二本目は米焼酎にした。
黒木酒造(尾鈴山蒸留所)の山翡翠は、優しい酒です。


いろいろ頼んだアテの中で、良かったのが岐阜の明宝ハムのステーキ。
何というか、昔のハムってこんな味でご馳走だったよなぁ、と感慨に浸れる味です。




天満 紫微星 ラーメンと麻婆丼


天満駅のうねうねルート入り口に、以前から気になっていた中華屋がある。
その名は紫微星。紫微星というのは、中国語で北極星のことらしい。

上海料理がメインで、若干四川風も混じる品揃え。
アタシの好みにばっちりです。(四川だけだと飽きるんですよね)

本日はランチタイムに。ラーメンと麻婆丼800円。
見た目は、ひどく地味です。


ラーメンは見た感じ、場末の東京ラーメン風だが、まず
スープが旨い!
トリガラと金華ハムのスープだろうか。
アッサリなのに、じんわり旨味が来る。
そして、油は殆ど浮いていないのに、アツアツなのだ。

麺はツルツルの平打ち麺。スープがよくからみます。



麻婆豆腐もリケンのマボちゃんみたいな色だが、かなりスパイシーです。
花椒ビリビリという感じではないが、五香粉のような漢方薬チックなスパイシーさです。
辛味もかなり来てます。


夜のメニューも見せてもらいました。
魚香肉糸・家常鶏片とか、気になるメニューいっぱいでしたね。
近いうち、突入です。

ホントかよぉ。 亀田勝利


亀田興毅、新チャンピオンに。

・・・・・・ホントかよぉ。釈然とせんなあ。
素人目にも、完全に負けとったように見えたけどなあ。

なんか、ボクシングという競技自体がアホらしく感じてきました。

さづあ?


空堀付近で見かけた喫茶店。
さかさまに「さづあ」と書いてAZUSAと読ませたいようだ。
凄いなあ。普通、考え付いても具現化しないよなぁ。

その向かいには「さぼーる」という名のティーラウンジ。
これも凄いなあ。
プロフィール

不良中年N

Author:不良中年N
exciteから引っ越してきました。
まだ、使い勝手がよくわからん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
食べログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。