スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

My best 立飲み of 天満


天満界隈には幾多の立飲みがあるのだが、アタクシ的には
・安さなら銀座屋
・広さで得一
・アテの旨さで肴や
・酒の豊富さで稲田酒店(角打ち)
と決めていた。

ところが、最近その全てを押しのけてフェイバリットの座に付いているのが、大安
生物・煮物・焼き物全てが標準以上で、寿司まであるのだ。
立飲みレベルとしては、酒の種類も豊富。

天満では結構多いのだが、ここもサッポロラガー(赤星)が置いてある。
キリンラガーほど苦み走らず、ドライほど味気なくは無い。
突出したところの無い味わいは、なんとなくホッとする。

天満立飲みの標準は大瓶350円(銀座屋は330円)だが、ここは確か中瓶450円。
高級店なのだ。


筍豆腐
筍をすりおろし、豆腐と混ぜて蒸かして?固めてある。
甘めの木の芽味噌を添えて。
こういう、料亭の突き出しみたいなアテが、何気にあるのが嬉しい。


旬のもの。
生桜えびのお造り


わかさぎの南蛮漬け
頭から尻尾まで柔らかく漬かっている。


蛸の一味唐辛子焼き
巨大な蛸の足を炙ってから切ってある。
生でも食べられるものを焼くので、火を通しすぎず、さっとね。


カレイの一夜干し
カレイだけでなく、いつも3種類くらいの干物がメニューにある。


桜えびのかき揚
お造りで食べたのと同じ桜えびで、かき揚を作ってくれる。
塩で食すと、コレが良いアテになるんだな。


みんな注文する、鯖の棒寿司
コレが、丁度良い〆具合でやけに旨いのだ。


流石にコレだけ食べて、酒もそれなりに呑むと、立飲みとはいえ一人2.000円位してしまうのだが、それでも充分満足っしょ。

スポンサーサイト

太くて長くて硬い@たかまつ


太くて長くて硬いのが、やっぱりいい。
その上、腰が強ければ尚いい。

太くてもふにゃふにゃだったり、硬いけれども短かったりするのは、気持ちよくない。



えっ、もちろんうどんのことですよ。




太長硬、三拍子揃ったうどんが、実は近くに有った。

手打ちうどんたかまつ天神橋店。
天満駅北、市場周りの通称天満うねうねラビリンス街にある店だ。
一応チェーン店らしいのだが、他にあるのを見たことがない。

店内で食せる他、お持ち帰り用の販売にも力を入れているようだ。


実はこの店、前々から知ってはいたのだが、店構えからして胡散臭いし、旨そうに見えないので敬遠していたのだが、今はイチオシのお店になっている。

初めてのときに食べたのは、昆布うどん定食。630円。
この時は開店直後だったので、まだうどんが茹で上がっておらず、15分ほど待ったのだが・・・。


出てきたうどんのクオリティーにびっくり。
角が立った四角い8mm角のごんぶとサイズ。
長さは、1本優に80cmを超え、1m近いものまである。
その硬いこと、固いではなく硬いのだ。腰が強いなんてもんじゃないのだ。
出汁は関西風と関東風の中間くらい、とろろ昆布がよく合う。

この時、次回は絶対ざるで喰うと誓った。



そして三日後の本日。ざるうどん大盛り。590円。
オーダーすると生姜にするか山葵にするか訊いてくれる。

サイドにミニ月見となぜか金時豆が付きます。

見よ。この色艶。
ピンピンに立ったエッジ。
しかし、大盛りは大失敗。
喰っても喰っても減らないのだ。
余りの硬さゆえ、しっかり噛まないと飲み込めないので、アゴは疲れてくるし。
汁は少し甘めかなぁ。
もう少し辛くて鰹が利いてると最高なんだけど。


でも現在のところ、アタクシ的天神橋界隈うどんランキング1位爆走中。


おかんのとんかつ カツ処 末広


カツ処末広は、会社から程近い天神橋筋に面した良い場所に立地しているのだが、何故か今まで見過ごしていた店だ。
店内はロの字型のカウンターオンリー。
10人も座れば一杯になってしまうような店だ。


日替わりも含め揚げ物一本。
この道数十年と言う感じの、背丈は低いが体格の良いおかんが一人で切り盛りしている。
このおかんが、いい感じの笑顔を振りまいているので、店の中が明るく感じるのがいいところだ。


本当はビフカツが食べたかったのだが、生憎の売り切れ。
とんへれ定食。800円。
とんへれもアタシのオーダーで売り切れになった。

とんへれと言うのはヒレカツのことかと思ったのだが、大葉をロール巻にしたカツが正体。
あっさりしていて中々いける。
かかっているのは、とんかつソースではなく、サッパリとしたトマトソース。
脂も少なくてヘルシーなカツですね。
ただし、コロモの問題なのか油温の問題なのか、表面が揚がり過ぎて固くなっているのが惜しいところ。


ふりかけや白胡麻なんかもカウンターに用意されていて、ご飯が進むこと請け合い。


Deccaはどうでっか?


扇町Deccaでランチ。
関西テレビの向かいあたり。
天神橋筋に面したロードサイド店。
ド派手なオレンジ色の外観が目印だ。


一番安い750円のランチは、パスタorピザ。
それぞれ2種類からのチョイスとなる。
今日はマルゲリータで行ってみた。

まずはスープとパン。
オニオンスープと普通のフランスパン。
お家の朝ごはんみたいだ。


ピザは直径23cmくらい。ボリウムは充分ですね。
生地はクリスピーではなく、しっとりタイプ。
付属のサラダは大した分量で、これはありがたい。


まぁ、マルゲリータなんて不味く作りようがありませんが、強いて言えばもう少しトマトの水分を飛ばすくらいまで焼いてくれれば尚可。



同行のDやんはパスタを頼んだ。
味はしっかり目で近隣のイタ飯ランチではベストだが、圧倒的に量が足りないとぼやいておりました。

床も壁もコンクリート打ちっぱなし。
外観に見劣りしないポップカラーの内装で相当カジュアルな感じ。


夜中の3時まで開いていると言うことなので、バー使いもOKだし、たまには呑んだ後、ラーメンやうどんではなく、パスタも良いかもしれない。(って全然、身体にはよくないけどさ・・・)







パスタランチ@VIA GIOVE QUATTRO


エロ姫様お薦めのVIA GIOVE QUATTROにランチで行ってきた。

にしても、VIA GIOVE QUATTROて読めんがな。ヴィア ジオーべ クアットロ?
VIAが道、GIOVEが空の神、QUATTROが四、で天神橋筋四丁目って洒落かいっ?

天神橋筋商店街に面したビルの2階。
急な階段を上っていくと、踊り場に扉がある不思議なつくり。
店内は外から想像するよりはるかに広い。

パスタランチ800円だったかな?をいただく。
パスタはトマトかオイルのチョイス。
今日はアッサリめで行きたかったので、トマトにする。


まずはグリーンサラダが出てくる。
まあ、普通のサラダです。


本日のトマトのパスタは、ボンゴレ。

アッサリめのポモドーロソースを想像していたのですが、いやいや、ニンニクとオイルたっぷりの濃厚ソースですなぁ。
塩も濃い目で、中年オジサン好みの味ですよ。旨い旨い。

ただしっ、圧倒的に量が足りなーい。
ランチはボリウムが命。と固く決めているメタボリックおやぢなので、コレは辛かった。

どうも、夜の大人数のパーティーメニューは随分とお得みたいなので、そんな利用をしてみたいが、ウチの会社のメンバー、みんなワイン飲まんしなぁ。

エロ姫様、大阪に出てきたら誘ってみるかなぁ。
でも一緒に呑むなら立飲みのほうが楽しそうやなぁ。


でかでかホットドッグ@ウエストパーク・カフェ エキスプレス


羽田空港で小腹が空いたのでうろつくと、ウエストパーク・カフェを発見。
元々は代々木上原にあるアメリカンスタイルレストランで、ハンバーガーが売りだ。

入りたかったのだが、生憎の満席で凄いウエイティング。

ところが、
ふと横を見ると、ウエストパーク・カフェ エキスプレスなる早カフェが併設されていた。
こちらのウリはホットドッグらしい。
時間も無かったので、コチラにすることにした。


ホットドッグ、オニオン・ザワークラウト入り、450円。

オニオンとザワークラウトの入らない、プレーンでも450円なので、絶対こっちがお得だ。
長さおよそ18cmのでかでかサイズ。
ソーセージもくどくないし、パンは、真っ白なモチモチタイプで、よく合う。

ただし、サービスは?
オーダーは何度も聞きなおした上に間違えるは、
場所柄外国人客も多いだろうに、簡単な言葉も出来ないため、レジは長蛇になるは、

大阪人やったら怒るで。ホンマ。



激旨とんかつ@養気亭


栃木の激旨とんかつ養気亭に行く。
栃木県はあづまとかひやまとか、とんかつの名店が多いんだよね。
どっちも未だ行けていないんだけど・・・・・・。

ここは、純和風建築のスタンドアローン店。
庭を眺めながら、とんかつをメインに鰻なんぞも食べられる、贅沢な店だ。


ロースカツ定食。1.200円。

大人の掌大のロースカツ。
大根おろしも付くので1/3はソースで、1/3はおろし醤油で、残り1/3は岩塩でという食べ方が出来るのが嬉しい。


肉はぶ厚く、コロモは薄く。
これだけコロモが薄いと、火の通し方が難しいと思うのだが、中までしっかりと揚がっていながら、表面も堅くなっていない、絶妙な火加減。
コロモが薄いので、ラードの味が控えめ。
純粋に肉の味がわかるとんかつです。


こんな庭を眺めながらの午後は、ホント至福の一時。

アタシ的にはとんかつでは、昔行った、静岡の浜松の幸楽と双璧を成す店です。
仙台のかつせいは、まだ行ったことないけれど・・・。



宇都宮やきそば@きたむら屋


宇都宮やきそば紹介。
辻麺食堂に続いては、東口駅前きたむら屋

なぜ、こんな一等地にこんな店が・・・?と思うような造り。
基本は持ち帰り店なのだが、店内に家庭用のテーブルが1卓だけあって、食べることが出来る。
店の奥の小上がりの座敷にいつも炬燵に入ったおじいちゃんがいるのだが、彼がいつもニコニコしていて、見ているこっちが嬉しくなってしまう。
看板娘ならぬ、看板おじいちゃんなのだ。


やきそば中。400円。
ここのやきそばは、蒸しそばと言った方が良いような感じ。
生麺を鉄板に広げたら、水を差して蓋をして蒸しあげていく。
焼く作業は、最後の水気を飛ばす位。
故に殆ど油っ気が無いのが特徴だ。


辻麺食堂のやきそばは、申し訳程度に肉が入っているが、ここのは具はキャベツのみ。
味は、ソースなんだけど、ソースを入れて焼いたというより、元々麺にソース味がうっすらと付いているような感じ。
とても薄味です。
なんか、はじめはボソボソして、旨く感じないのだが、噛み締めていると麺そのものの澱粉の甘味が出てきて、しみじみ旨いなぁと思うのです。


新幹線ホームのきしめん@住よし


大阪に転勤以来、新幹線を名古屋から乗る機会が少なくなった。
かつては、よく名古屋駅を利用していたので、3番線ホームに降り立つと、腹が減ってもいないのに条件反射のようにきしめんを食べたものです。

久しぶりのきしめん住よし
要は立ち食いきしめんなのだが、なぜか吸引力があるんだよね。
この店のファンって意外と多いんじゃないですか?

昔は、客は吹きっ晒しのホームで背中を丸めて食ったのだが、綺麗になって客も店内に入るようになりました。
昔のスタイルの方が風情あって好きなんだけど・・・・・。



きしめん。340円。
よくよく考えると、結構高いですよね。

きしめんは、天麩羅やら乗っけず、ドノーマルが良い。
あっ。麺が変わりましたね。
以前は、茹で麺だったのが、冷凍麺になりました。
冷凍技術が進歩したおかげで、冷凍麺は打ち立ての腰が残っているんですよね。

きしめんの汁は関東風と関西風の中間。
それに削り節の酸味が加わって独特の風味になる。
悪くない。

出張帰りの日々


とりあえず、6日間の出張から戻りました。

旅先ネタを食い物中心にアップして行きます。
お楽しみに・・・。

出張な日々


しばらく出張で不在となります。

エビ・肉らーめん@好房


今、会社近辺で一番お気に入りのラーメン屋さんが、好房。
天神橋筋と天三商店街を結ぶ路地に立つ小さな店。
韓国料理の韓喰の向かいにある。


エビ・肉入りは600円。

エビと言っても、乗っているのはナンとエビフライ。しかもどどーんと2本。
肉も脂の少ない部分を薄味に仕上げた、アッサリ煮豚の薄切りがたっぷり。

で、肝心のスープはと。
醤油味と味噌味があるんですが、アタシは基本醤油味。
鶏ガラベースに豚骨も加えていますが、白濁はしていません。
濃い目の醤油味は徳島ラーメンに近いですね。
ゆで卵のトッピングがありますが、コレを生卵にしたら、もっと似た味になるかもしれない。

一番ゴージャスなエビ・肉入りが600円だが、ノーマルのラーメンはオドロキの350円。
ラーメン以外にも丼ものもやっていて、ランチタイムにとても嬉しい店です。

2週間ほど前に初めて行ってから、立て続けに3回も行ってしまった店です。



オステリア レンドラはどうだろう?


アタシの会社のある扇町界隈は、何気にイタリアン激戦区だ。
本拠地なのでアルチェントロ系だけでも本店スフィーダエヌと計3店。
さらに、カミーノ・アンジェロDeccaソタレ等々、それなりに名を知られたところも多い。
そんな中で、歴史を持ち、特徴あるメニューで評判も高いレンドラでランチ。
商店街から割りと最近本筋沿いに移転したという店舗は、新しく清潔感が有って良い

パスタランチAは850円。
・生ハムのサンドイッチ
・3種類から選べるパスタ(トマト系・オイル系・クリーム系)
・ジェラート

アタシは今日はオイル系にしてみました。ツレはトマト系。
貝柱と水菜のスパゲティ
黒板には鰯の・・・だったのだが、「生憎鰯を切らしまして、貝柱になります。」とのこと。、ツレのトマトも別素材になった。
14:00近かったし、まあ、ランチにはよくあることなのでOKした。

茹で具合は相当アルデンテ。はっきりと芯がわかる。
コレは、好みの分かれるところだが、アタシはもう少し茹でてほしい。
味は若干塩が薄め。(多くのレビューで味は濃い目とあったので以外でした。)
貝柱が淡白なので、コレくらいで良いかな?
量は普通ですね。

ただ、ランチだとトスカーナの田舎料理というこの店の本質は理解できませんね。
一度夜に来て見よう。
ランチだったら、量も多いし、エスプレッソの付くカミーノ・アンジェロ行くかな?

そういえば、食べ終わった頃、隣の席に女性が座って、クリーム系をオーダー。
ところがコレも「生憎サーモンが切れて白身魚に・・・。」
おいおい、3種類のパスタ全部変わったんなら、メニュー書き直したほうが良いんじゃないの?

で、その女性、席を立って帰っていきました。
勇気あるぅ。カッチョいい!!





本当に魂はあるのか?


天神橋筋商店街から少し外れたところにあるラーメン店、
その名も「らーめんや魂」へ

ネギたっぷりらーめん
どこがネギたっぷりやねん?ってツッコミ入れたくなるほどのネギの量。
ネギたっぷりと言うからには、岡山の山冨士を見習ってほしい。
スープは豚骨醤油。
でも、下処理が充分でないのか、獣臭さが鼻に付く。

内装はアジアンテイスト。
フードもアジア系を出しているようだ。
そして何故か、全席イスが別のデザイン。
モード系のイスなので狙ってやっているんだろうけど、意図がわからない。

一体、何屋をやりたかったんだろうか?



おなじみの丸尾姉妹


おなじみの丸尾姉妹
今からロードレーサーに乗るところ。
左が姉のあゆみちゃん。パーフェクトプロポーション。
右が妹のみゆきちゃん。成人しました。少し痩せましたね。
相変わらず、二人とも美しいですな。

宇都宮やきそば@辻麺食堂


宇都宮名物といえば、誰もが思い浮かぶのは餃子だが、負けず劣らず旨いのがやきそばだ。
駅近辺だけでもやきそば専門店が何軒かある。
出張で、ほぼ2年ぶりに辻麺食堂へ。
ここは、辻製麺所という、近隣のやきそばやに麺を卸している製麺所直営の食堂。



中サイズ玉子乗せで400円。
普通の中華麺に較べると断面積が3倍ほどもあるモチモチした不思議な食感の麺。
これが妙に旨い。

時間が・・・・・・


出張続き。
書きたいことは山ほどあるのだが、時間がありましぇーん。

切り番


アホらしいことだが、自分で自分のサブブログの切り番をゲットしてしまった。

三段バラで三段腹?@玉一イサク店


最近焼肉屋へ行っても頼むのは、内臓系と三段バラばかりだ。

天五の名店、玉一イサク店にて。
玉一は天五(池田町)界隈に数店舗を構えるこのエリアでは有名な焼肉店だが、イサク店は最も新しく、内装も綺麗な店。
家族連れ・女子連れでも問題なく入れる店だ。
韓流スターばりのイケメン兄ちゃんがサービスしてくれる。

ツラミコリコリ
コリコリは、岡山でヨメナカセと呼ぶ部所だと思う。
この店では、内臓系はカンテキ(七輪)で焼く>


これが三段バラ
豚のバラ肉を2mm厚くらいにスライスしたもの。
ベーコンになる部分だ。
関東ではコレをメインに出す店は余り記憶に無い。
凄い脂で、これをそのまま喰ったら三段腹になりそうだが・・・


ジンギスカン鍋のような中央が盛り上がった鉄鍋で焼いていく。
(店によっては逆に中央が凹んでいる鍋の場合もある。)
出てきた脂が斜面を落ちて抜けていく。
カリカリベーコンのようになるまで焼くと、かなり脂は落ちて、さっぱりしてくる。
それを胡麻の葉かサンチュに包んで食すのだ。

存外、サッパリしている中に脂の旨さはしっかりと残っていて、タレの味ギトギトのカルビやロースよりいけまっせ。

サッパリ系が食べたい人には、韓国風海鮮サラダ
酢味噌のような甘めのドレッシングが妙に合う。



びっくりパフェ@コロンビア


実家のある山形県から、姪っこと甥っこが出てきたので、大阪見学に連れて行く。

新世界で串あげを喰った後、道頓堀極楽商店街へ。



ビルの3フロアを活用した、昭和初期の大阪を模したフードテーマパーク。
まぁ、天井なんかは流石に鉄骨剥き出しだったりしますが、上手いことレトロ風に作ってあります。
レストランだけでなく、駄菓子屋や劇場なんかもあって、子供連れで数時間楽しめます。


新世界で食事をした後だったので、ここではスイーツにした。
びっくりパフェのコロンビアへ。
10人で食べても食べきれないようなビッグサイズの「富士山」はじめ、変なメニューだらけ。
その「富士山」は見た感じアイスクリームの業務用筒(31なんかでショーケース内に入ってるの)を丸々1本使って、それに生クリームやらチョコやらでデコレーションしてある。9800円。
ビッグサイズは指定時間内に指定人数で食べきると無料になる。
とても挑戦する気にはならないけれど。


アタシは最小サイズのにしておきました。
ミニ抹茶プリンパフェ580円。






海鮮純豆腐@韓喰


ランチタイム。
大阪うどん・そば てんままで足を伸ばすか、扇町近辺でサクッといくか。
悩みつつ歩いていると、路地に見慣れぬ店が・・・。

韓国料理(not焼肉系)韓喰だ。
こんな店無かったけどな。
中も新しく綺麗だし、最近出来たのかな?


ランチタイムは、3種類の純豆腐と石焼ピビンパ、韓国風ステーキからチョイス。
なんとなく一番カロリーの低そうな海鮮純豆腐を選んでみた。850円。


ナムルと生卵、ご飯が付く。
ナムルは、自家製っぽく、シャキシャキでえらく旨い。特に蕗ナムルは絶品。

純豆腐は、浅蜊・烏賊・蝦入り。
それほど期待していなかったのですが、これは良いですぞ。
辛さだけが、立ってしまって、肝心の味がわからなくなる店も多々有りますが、こちらは丸みのある辛さで、濃厚なスープが引き立ちます。
ご飯が進むわ。

純豆腐は、地獄温泉のように煮えたぎって出てくるのが良いですな。
アタシ、自慢じゃないですが、早飯喰いなのですが、流石にこれは早食いできません。

良い人キャラの店員の兄ちゃんは話しかけると、いい反応やし、
食後にサラッと出てくるお茶が、韃靼蕎麦茶だったりと、侮りがたい技を繰り出してきます。

こりゃ、夜も行ってみんといかんなぁ。


プロフィール

不良中年N

Author:不良中年N
exciteから引っ越してきました。
まだ、使い勝手がよくわからん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
食べログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。