スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乾麺をなめちゃいけない@五島うどん うまかっ


ちょっと前の思い出しレポートです。

ヤボ用があって滝井まで行ったとき、たまたま昼食時だったので、期待もせずに飛び込んだ店なのですが・・・・・・。

五島うどん うまかっ
おかあちゃん2人で切り盛りしている綺麗なお店です。



麺は、普通の白いのんのほかに、海藻を練りこんだ磯麺も選べる。
アゴ(飛魚)のダシが決め手のようだ。

まずは、アゴ飯から。
薄口でほんのりと野趣がかったアゴの風味がいいですぞ。


冷やしめかぶを磯麺で

風味良いアゴ出汁と、磯麺がよく合います。
めかぶを絡めて食べると、磯の2乗って感じで尚良しです。
そして、上品な白木耳が不思議にマッチするんだよね。

麺は乾麺なのだが、乾麺臭さが全くなくって、腰ものどごしも最高です。
乾麺をなめちゃいけないね。(そういや稲庭うどんも素麺も乾麺だし・・・)

テイクアウトの麺とアゴ出汁も発売中。


スポンサーサイト

大正ロマン漂う鮨処小町


夜、突然に鮨が喰いたくなった。

アタシの地元の天神橋五丁目は、激安すし銀座と呼ばれているエリアで、春駒2店舗、すし政3店舗、奴寿し3店舗の御三家はじめ、回転すしも3店舗ほどある。
・・・・・・でも、今日喰いたいのはそんなすしじゃ無い。

元々、すしの楽しみってのは、板前との会話を楽しみながら、好きなネタをちょこっとつまむものだと思っているんで、あの大量消化型のワーッと喰ってワーッと帰るという、感じが嫌なのだ。

よく、春駒とか並んでまで喰いたいと思うわ。
(この辺やったらすし政西店以外は行く気がしないね。)

で、福鮨は大将が倒れて休業中。

そうだ。天六に小町って店があったぞ!!

天六レンガ通りという、地元の人でもあまり通らない路地にその店はあります。
大正ロマン漂うインテリア・BGMはジャズ・若いがヤル気漲る兄ちゃんが一人で切り盛りしています。

白子ぽん酢から。

平目が生憎切れてしまっていて、白身は
かなり、豪快にぶ厚く切ってくれます。 

蛸ブツも豪快さは変わらず。
なかなかやるね。 


握っていただきます。

芽葱と鯖。
握りのサイズは大きすぎず、小さからず。

この後、押し寿司なんかも食べたかなぁ。
結構酔っぱらっちゃって、最後は訳わかんなくなっちゃったれど、エエ店やなあ。

餃子2種盛り@双龍居


池田町の双龍居は、天満界隈の数多い中華料理店のなかでも、天満駅前の紫微星と双璧をなす名店と言っていいだろう。
両店ともに内装がチープなのがマイナスに働いてると思うんだけど。
店内が、薄ぼんやりと暗いのがちょっと嫌でここのところご無沙汰だったのだが、麻婆豆腐が喰いたくなって、久々に行って来ました。


麻婆豆腐。700円。

此処の麻婆豆腐は、かなりきつめにトロミをつけるのが特徴。
唐辛子の辛さと花椒の痺れは、程ほどに抑えてあり、誰もが美味しいという味付けです。
(もちろん頼めば、辛くしてくれる。)
豆腐の煮崩れがもう少し少なくて、最後の一焦がしがあると最高なんですが、まぁいいですよ。

今回、初めて頼んでみた焼餃子には驚いた。

300円なんで、期待していなかったんですが、1皿4つ盛りで2種類の餃子なんです。
ラビオリのように平たく包んであるのが、韮とエビの餃子
厚めに包んであるのがどこだかのもち豚ミンチの餃子

期待していなかった分、余計に旨かったね。

激旨天津飯@揚子江


天津飯って好きでよく喰います。

あっさり透明スープのラーメンがウリの揚子江の天津飯が旨いと聞いて、食べてみましたよ。

例の透明スープにとろみをつけた餡がたっぷり。
ご飯にかかっているというよりも、ご飯が餡に浸かっていると言ったほうが正確かも?

中々宜しいんじゃないでしょうか?


綺麗な海鮮丼@まほろば天満店


天満駅前のまほろばは、炭火炙り焼きの店だが、ランチタイムには海鮮丼なんかも出している。


少なめに盛ったご飯に、とろろ。
・ハマチ・鯛・鰹・鮪の刺身が数切れづつ。
アラ汁と小鉢がついて800円だったかな?
中々ヘルシーでいい感じ。綺麗な海鮮丼です。

近くのうをひろのくどすぎるような海鮮丼よりも結構好きだな。



激戦区扇町で生き残れるか?@Agio


この7月だったか?
会社ほど近くにオープンした、イタリアアレンジ料理Agioのランチに行ってみる。
でもイタリアアレンジ料理ってなんだろう???

しかし、半径ざっと100mにアルチェントロエヌ アルチェントロスフィーダ アルチェントロカミーノ アンジェロオステリア ディ レンドラVIA GIOVE QUATTRO扇町Deccaとイタリアンひしめく激戦区扇町によくぞ新規出店を決断したものだ。
よほど、自信あってのことか!?

パスタランチ1.000円
今日のパスタは、オイル系とクリーム系からのチョイス。
日によって、クリーム系がトマト系になったりするそうだ。
3種からのチョイスにすればいいのになーとか勝手に思う。

レタスと豚ミンチラグーのサンドイッチ

近隣では、たしかレンドラが、ただのパンじゃなくサンドイッチを出していたような記憶がある。
ランチタイムは量が勝負!みたいなところがあるので、普通のパンでお代わりできた方がありがたい。 

ポテトのチーズ焼き

グランドメニューに魚料理・肉料理とは別に独立してポテト料理という欄があったので、きっと得意料理なんだと思う。

まあ、普通のチーズ焼きです。


小海老とかぼちゃのクリームソースパスタ
スパゲティーニかフェデリーニか、少し細めのロングパスタ。
オーダー受けてから乾麺を茹で始めるので、茹で時間の短い細麺を使っているのかな?
ソースの絡みもよく、普通に美味しいんですけどね・・・・・・。

例えば、近隣のパスタランチで一番コスパ高いと思うカミーノ アンジェロの場合
・アンティパスト
・パン(お代わり可)
・パスタ(3種類からのチョイス)
・ソルベ
・コーヒー
で850円だからなぁ。

1.000円でコスパ勝負に負けないかな~?

ちなみに、店のあるこの場所、前の前にあった、洋食屋の居酒屋もこの前まであったラーメンのなにわ金久衛門も半年くらいで店畳んじゃってるんだよね。
何故だか、たまにしか店を開けない隣のサッポロラーメンはつぶれないんだよね(苦笑)




気前の良すぎる大盛カレー@でん


そういえば、リニューアルしたカレーでん中崎店にいっていなかったなぁ。

東天満でん中崎店とあるが、どうやら東天満の店は店じまいしてしまったらしく、今では此処のみ。
1階が店舗で、2.3階を住居にしているようだ。


ここのカレーはプラス200円で大盛りに出来るのだが、なんと量が2倍になる。
なんていうのかな?
こういうライス型みたいので、盛るのだが、大盛にするとダブルになるのだ。
当然ルーも倍になって、足りなかったら足してくれるという嬉しすぎるサービス付き。


チキンカツカレー大盛。
600円+200円。
ライスが二山あるのがお分かりでしょうか?



肝心の味の方も、チキンカツは、揚げたてアツアツジューシー。
ルーも大阪カレー独特の、甘くて辛いおいしいカレー。
スパイシーというのではないですが、懐かしくて、ホッとする味です。
毎日食べても食べ飽きない味っていうんですかね?

このワンコが看板犬。
猛犬に注意なんて書いてありますが、いつも寝ているオットリ犬です。




昼は饂飩で夜は蕎麦@讃吉&清水


麺喰いたい一日。

昼は讃岐うどんの讃吉へ。
蕎麦酒場信長の隣の店だ。

この店も前々から所在は知っていたのだが、入ったことがなかったのだ。


おばけうどん(三角揚げとタマゴ)。530円。

種モノだったからなのかもしれませんが、讃岐うどんを標榜している割には、普通の大阪うどんでした。
遅い時間に入ったせいか、茹で上がりが食べられたので、普通に美味しかったです。
一度、生醤油かなんか冷たいのんを食べてみなくちゃいけませんね。




なんとなく麺喰い足りなくて、夜は天六路地裏の
越前手打ち蕎麦清水へ。
ちょっと前に発見して、気になっていた店なのだ。

蕎麦は、二八と四六を打ち分けていて、二八の方が200円だか高い。
種モノなら四六でいいかもね。


越前蕎麦といえば、おろし蕎麦でしょ。
ということで、二八おろしの1.5人前。950円だったかな?

いやあ、いいじゃないですか!
ちゃんと辛味大根つかったホンモノのおろし蕎麦です。

訊けば、契約農家に頼んで、夏場でも辛味大根使っているのだとか。
新蕎麦の時期と相まって、美味しいものをいただきました。

ミニ知識を1つ。
唐辛子の辛味成分はカプサイシンですが、
辛味大根のは、イソチオシオナートっていう別物なんです。
汗かかないでしょ?

清水 (そば / 天満)
★★★★ 3.5


揚げ物の本質とは?@串慢


Dやん再びダバダ氏若様と天五中崎通り商店街で串揚げでも喰うべい。
ということで串慢へ。
道向かいにも花れんこんというコースで出す、ちょっと高級目(って言っても、天満価格だけどさ)の串揚げ店もあるのだが、万年金欠の我々としては、コッチに足が向かう。

推定体重180キロのマスター、スカル系のインテリアという、ちょっと変わった店だ。


串揚げ各種

うーん。
別に素材は悪くないし、揚げ油も古い訳じゃない。

なんていうか、揚げ物の本質を理解していない・・・というか誤解してるんじゃないかな?

揚げ物って、コロモを喰わすもんでしょ?

此処のは、コロモが薄い上に、多分高温で揚げてるもんだから、全部クリスプに揚がっちゃってて・・・・・・。
素材の旨味がやや厚めのコロモにしみわたって、えもいわれぬ揚げ物独特のうまさが出るわけでしょ?

新世界あたりの串揚屋のコロモは旨いよ。

頑張って欲しいので、やや辛口コメントになりました。


大阪餃子3態


大阪は餃子屋多いですよ。
特に一口餃子ってのは、大阪独自のものですね。

棲家近くの餃子屋に最近立て続けに行ったので・・・・・・。


浪花ひとくち餃子餃々(チャオチャオ)天満店。
最近は、関東にも進出しているチェーン店。
此処の特徴は、ハネつきで焼くことと、両サイドを閉じていないので、適度に脂が抜けて、アッサリしている点。
悪くないですよ。
1枚290円は、ボリウムからするとちょいと高めかな?



大阪王将天満店。
京都王将とは別チェーン。
オーソドックスな餃子。
厚皮で、結構腹膨れます。


南平天神橋店
この店は、我が家から徒歩1分。
一口餃子としては、此処と点々、ちびすけは、割と有名。
でも、このチビサイズで480円は高いよな。
3~4枚喰わないと満足できないもの。

心斎橋の本店は飲み屋のお土産でいいかもしれないけど、天満・中崎でこの値段は商売つらいかも?




ああ、でもやっぱり餃子はンまいなぁ。

身だしなみ


ちょっと聞いてくださいよ。

アタシ、身だしなみにそれほど気を使う方じゃないんです。
もちろん、ちゃんとシャワー浴びて清潔にして、ヒゲも丁寧に毎朝剃ってますけど。

必要以上に、手間暇掛けたりはしないんです。


・・・・・・ところが、先日鏡を見ていたら発見しちゃったんですよ!
富市クンの眉毛を・・・・・・。
他の毛に混じって、一本だけ5cmもあろうかという、富市クンがいたんです!

コレは、ショックだった。

大体、末端の体毛が長くなってくるのは老化現象、ということで、多少は身だしなみに気を使わなきゃね。
こんなものを買ってみました。

なんだかわかりますか?



鼻毛&産毛(耳毛)カッター

産毛カッターで富市クンもやっつけちゃいます。




身だしなみにあまり気を使わないといいましたが、1点だけ、とても気になるところがあります。


それは、です。
といっても、別にネイルサロン行って、手入れするとかじゃないんです。

深爪って訳じゃないんですが、ちょっと伸びてくると気になって気になって、居ても立ってもいられなくなるんです。

仕事柄、出張が多いんですが、出張先でも爪の伸びが気になると、どうしようも有りません。

爪切り持ち歩けよって言われそうですが、忘れちゃうんですよね。




で、すぐ買っちゃうもんですから。

一人暮らしだってのに、我が家には爪切りがいっぱい有ります。
ちょっと、探しただけで5本出てきました。
多分あと3,4本は、どこかに有ると思います。

で、今回気づいたんですが、此処に載せてる5種類のうち、4種類は貝印製なんですよ。
やるなぁ、貝印、爪切りごときに、これほどのラインナップ持たせているとは!!


海鮮酒場とっつぁん@京橋


今回は京橋遠征。
エエとこだっせ♪の大阪の京橋ね。

メンバーはDやんゆっきぃ改めダバダ改め青春オトコ君

アタシにとってはJR二駅の遠征だが、彼らは都島の住人なので、むしろ望むところなのだ。

目指すは、海鮮酒場とっつぁん京橋店


今年の春先だったか、天七に本店?が出来て、瞬く間に大行列店になった。
京橋の支店は、それほどの行列でもない、ということなので行ってみたのだ。


店内は大漁旗が飾ってあって、やる気まんまん。
期待させてくれちゃいますね。


本日のメニュー。
驚異の価格。


イカの黒造り
自家製の塩辛は、塩がきつすぎなくてとても宜しい。

お造り三種
赤貝・北寄階・ミンク鯨。

天麩羅3種
穴子・キス・タコ。
どうやらこの店は、天麩羅が名物のようで、他のテーブルでは、天麩羅を山のように頼んでいる。
天麩羅頼むと大量の大根おろしが付いてくるのは、うれしいサービス。


・・・・・・ここで事件発生。
実は、お店のお運びのバイトのコが結構可愛かったんですが・・・・・・
突如、ゆっきぃ改めダバダ改め青春オトコ君がまた、ダバダし始めたんです
ゆっきぃ改めダバダ改め青春オトコ君もとい、再びダバダさんに改名。

焼き大浅蜊(ウチムラサキ貝)。
コレはDやんの好物で、メニューにあれば、必ずオーダーする。

海鮮いしる焼き
イカと白身魚と貝柱をいしる(魚醤)につけてホイル焼き。
旨いぜ。

生シラス
コレはあかんかった。
ちょっと鮮度が落ちる>
得一の生シラスのほうが、エエのん出してるわ。

イカのワタ焼き
まぁ、エエのんちゃいますか。

鯖のきずし
浅めの〆で、好みのタイプ。

店頭のトロバコには、入荷した魚が並べられてるんだけど、
この真鯛とメ鯛の間の魚、どう見てもブラックバスにしか見えへん。
店の人は、別の魚名言ってたけど、どこから見てもブラックバスや。


で、総合評価。
これだけ飲んで喰って、一人3.000円は安いけど、わざわざもう1回は行かないかな?
何故って、言うほど旨くはないし、なにより酒の種類が少ないんですよ。
特に焼酎は、あまり質の良くないのを使ってるみたいで、アカンかった。

酒をあまり飲まん人は、どうぞって感じ。

ついに開き直り


全国1億2千万人の西天満、オモロイ靴屋ファンの皆様。
新作発表です。



やっぱりやるそうです。

久々にcafe tiens


久々に、激旨オムライスのcafe tiens

本日のおすすめは、きのこと豚肉のクリームソースオムライス

ここのは、Mサイズが、大盛りサイズなので、「今日はSサイズにしておこう。」と心に誓って入店するのだが、ついつい誘惑に勝てず、Mサイズをオーダーしてしまう。

特にクリームソースのときは、中のライスがバターライスになるので、相当ハイカロリーなんだと思うのだが、我慢できましぇーん。


フツーのおうどん@手打ちうどん吉備


池田町の手打ちうどん吉備は前々から気になっていた店。

こういう位置関係。
吉備があってその隣がカレーのマドラス5、路地を挟んでその向うがストリップ小屋の東洋ショー。 


卓袱うどん。530円。

吉備って店名なので、香川県の対岸やし、腰の強い讃岐うどん期待してたんですが、大阪うどんに良くある、細めのもちもちうどん。
そのくせ、出汁は色の薄い関西風じゃなくて、濃口醤油を使ったものだから、何か不思議。
岡山のうどんってこういうものなのかな?

いや、フツーに美味しいんですけどね。
特徴無いっちゃ無いよな。

半熟卵の味噌漬け@多幸


中性脂肪値の高いおぢさんは、こんなものホントは食べちゃいけないんですってば!!

半熟卵の味噌漬け

でも、カラダに悪いモノほど、ンまいのだ。

多幸 (焼酎 / 中崎)
★★★★ 3.5

汗かきカレー@ラージャスターン


今日は、朝からカレー喰いたい日和。

さて、何処へ行くか?

梨花食堂は先週行ったばかりだし、カンティプールにすっかな?
中崎のでんもリニューアルしてから行ってないしな・・・・・・。

そうだ!確か中崎駅前にスリランカ料理店があった筈だ。
行ってみっか!
・・・・・・あり? あった筈の場所は更地になってるぞ。
あっ、移転先の張り紙があるじゃないか。

なんだ。
GeorgeHouseの場所じゃないか。
此処はもう、喫茶Yにも程近いね。 


何種類かのランチメニューの中からCセットにしてみる。700円。
チキン・キーマ・野菜の3種類のカレーの中から、2種をチョイスできるのだ。
チキンと野菜で行ってみる。

スリランカカレーは、シャビシャビのスープカレー。
スパイスが前面に立っていて、コレは中々いいですぞ。
スリランカでは、鰹節に似たダシを使うことがあるって聞いたことがあるのですが、このカレーに入っているかどうかはわからなかった。
野菜カレーはメインは筍。
ココナツ入りでやさしい味だった。


この張り紙に釣られて、スパイシーにしたもんだから、3口も食べると脳天から汗噴出してきます。
特にチキンは、柔らかく煮込まれた鶏とスパイスがグッドマッチ。


食後にプラス100円でチャイが付けられるのが嬉しい。
・・・・・というか、チャイを飲まずには居られない。


店内も明るくて綺麗だし、中々宜しいんじゃないでしょうか?


究極のたまごかけご飯を目指して


単純な料理(料理とも呼べないかもしれないけど)ですが、たまごかけご飯が好きです。

黒崎町だしやぶしたまんまは、かなり旨いたまごかけご飯なのだが、たまごよりも鰹節が主役なのが、究極とは呼べないところだ。


自分なりに究極のたまごかけご飯を作ってみる。



問題は、
・たまごをかけても、極力温度が下がらないこと
・醤油をたまごに混ぜ込むと味がボケるので、混ぜ込まないこと。
・多少はダシの風味があること。



・・・・・で、考えてみた。
逆転の発想で、ご飯の方に味を付けたらどうだろうかと。


昆布だしと醤油でご飯を炊く。(要は具のない炊き込みご飯だ)
中央に黄身だけを落とす。


美味しいんだけどね。
見た目が宜しくないね。
コレでも塩味が薄い。
濃口醤油でやっちゃったのが失敗。
白醤油くらいでやらなきゃダメかな?


いいアイデアだと思ったのだが、究極への道いまだ遠し>

たまには、おうちご飯


やっとこさ、ブログがリアルタイムに追いつきました。
9月末、ちょっぴりブルーモードだったので、手がつかなかったんですよ。


今日10月8日は、一日オフ。
例によって、早起きして、洗濯して、掃除して、シャワー浴びて・・・・・・気持ちE!

よしっ!
久々に市場でも行ってみっか!!

青果店を覗くと・・・・・どうにもこうにも野菜がうまそうに見えて仕方が無い。
そういえば、ここんとこ外食ばっかで野菜不足気味だからなぁ・・・・・・。
カラダが欲してるんだろうなぁ。

よしっ!
久々に気合入れてメシ作ってみっか!!

ご購入の野菜たち。

そのほかにも、色々買って、何ができますやら・・・・・・。



◆下ごしらえ
とりあえず、アスパラは茹でます。
茹で鍋を使ってトマトの湯剥きもやってしまいます。
独身の知恵です。 

湯剥きしたトマトのうち1つはザク切りにして、オイスターソースを絡めておきます。

木耳を戻しておくのを忘れずに・・・


◆いきなり出来上がりです。
1皿目
胡瓜の叩き
胡瓜には包丁を入れずにスリコギで叩きます。
叩き崩れたところに塩するだけ。
簡単で美味しくて、ストレス解消にもなる優れもの。
よーく冷やしていただきます。

2皿目
湯剥きトマトとアスパラのサラダ、ピクルス添え
トマトには、スイートバジルとオリーブオイルを。

3皿目
鶏モモ肉のカレー風味焼き
100スキは、そのまま食卓に出せるからホント便利やわ。
あるうちにいっぱい買っておいてよかった!!

4皿目
木耳とトマトと玉子の中華風炒め
木耳と玉子って相性良いんです。
トマトと玉子も。
じゃあ、3つ混ぜてしまえってんで作ってみました。


完成

中々バランスいいんじゃないでしょうか?

お豆腐は風に吹かれて豆腐屋ジョニー、ご飯は16穀米っていうので行ってみた。

楽しい飲み会


岡山出張から帰ってきたその晩のことだ。

東京時代、仕事をさせていただいたT自動車U田氏が大阪に居るという。
元々、大阪の茨木出身の方なのだ。
さらには、U田氏の旧知の友人で、KテレビアナウンサーのB場氏と奥さんもご一緒だという。
B場氏は、面識無いが、競馬ファンなら誰でも知っている方だ。
とりあえず、面識が無くともすぐ親しくなれるのが、取り柄なのでありがたくご一緒させていただくことに。

兎我野のホルモン串(関東で言うヤキトン)しょうか
B場氏のなじみの店だ。 


生センマイシークワーサー割りから。
串焼きだけでなく、生物も新鮮で良い。

おススメのミノサンド焼き。
両サイドはミノだが、真ん中は脂身のようなクニュクニュした食感。
旨い。

モモ肉のカレー風味焼き
コレは立派なお料理ですぞ。
味付け、ボリウムともに申し分なし。



コチラでひとあたり呑んだ後、B場氏が、もう一軒連れて行きたい店があるというので、タクシーで天五まで移動。
天五はアタシの地元だが知らない(というか、存在は知っていたが入ったことの無い店)だった。
信長
はい、しょっちゅう前は通っていました。
只の街角蕎麦屋かと思っていました。
お見それしていてどうもスミマセン。

こだわり焼酎と馬刺しを出す、蕎麦酒屋でした。

二軒目なので軽く、銀杏くらいで・・・・・・と思っていたのだが、

あん肝がやってきて

アッと驚くうまさのエビチリ
芝エビサイズじゃなくて、クルマエビサイズ。
本格中華顔負けです。

そして、此処は焼酎で相良兵六があるもんだから、ついつい呑んじゃうよなぁ。

で、
出ました、馬刺し。

特にこのコーネ(タテガミの根元の白い部分)の立派なこと。
コレだけ大きなコーネは初めてです。
そのほかの部位も新鮮で、臭みが全くありません。
信長 (そば / 天満)
★★★★ 3.5



最後には、アタシ初対面だって言うのにB場さんには、すっかりお友達口調になってしまった上にご馳走にまでなってしまいました。
ぜひ、次回はアタシのシマでご馳走させてくださいっっ!

U田さん楽しい飲み会セッティングありがとうございました。
また、大阪帰郷の際は、お声掛けください。

岡山出張飲食編


岡山の山奥に出張。

かなりの山奥なので、当日移動では、朝の集合時間に間に合いそうに無かったので、赤穂市に前泊。(あまりの山奥過ぎて、間近くにはビジネスで泊まる施設が無いのだ!)

赤穂市には、有名なピッツェリアがあるという事前情報を掴んでいたので、行ってみたのだが、
ほぼ満席の上、4名がけテーブル中心なので、とても一人で入れる雰囲気じゃありませんでした。
残念!!

やむなく入ったのが、ロードサイドラーメン店の八角

だって他にホテル近くには、回転すしとガストとかなかったんですもの・・・。
とほほ。 


餃子定食
880円。
葱大盛り無料なのは、嬉しい。

餃子は羽根付き風なのだが、パリッとしていなくてダメでした。

ラーメンは、そんなに悪くない。
豚骨醤油じゃないのが良い。最近何かっつうと豚骨醤油流行りで辟易ですわ。

でかい店をアルバイトと思しき厨房の兄ちゃんとホールの姉ちゃん(共に20歳そこそこ)で回しているのだが、とても手際が良くて、見ていて気持ちよかった。
若造も中々やるね。




翌日のランチ

岡山国際サーキット、メンバーズルームのステーキランチ。
本当はメンバー以外は入れないエリアなのだが、今日は特別。
味は・・・まぁ、こんなもんでしょう。

限られた時間内(1時間ちょっと)に、一気に80近くの量を出さなくちゃいけない・・・という制約の中で、ちゃんと温かいものは温かく、冷たいものは冷たく出すだけで立派なものです。


帰りのサービスエリア食べた、たんぽぽソフト

コレはヒット!
うまいうまい。

でも、味を上手く説明できない。
何の味にも似ていないのだ。
強いて言うならナッツ風味かな?
オススメです。

ダブダブ定食@ニューハマヤ平野町店


宇都宮で餃子をご一緒して、チキンカツの最上を勧めてくださったH田氏が、大阪のB級グルメは、此処を外しては語れないのでご一緒しましょう。
と誘っていただいたので、行ってまいりました、グリルニューハマヤ平野町店

他にも北浜と横堀にも店舗があるようなのだが、メニューや味は微妙に異なっているらしい。
この辺の事情はニューハマヤの全貌というサイトに詳しい。

コレがメニュー。
基本、焼肉と目玉焼きの組み合わせなのだが、よく判らない。
想像するに、
焼肉1/玉子1=ダブル
焼肉1/玉子2=ダブダブ
焼肉2/玉子1=トリプル
焼肉2/玉子2=トリプルトリプル
のようだ。
今日は、勧められるままにダブダブで。 


豚肉の薄切り焼肉と、マーガリンで焼いて、わざとつぶした目玉焼きが2枚。
脂の浮いた赤だしとお櫃からおかわりし放題のご飯。
コレがダブダブの正体。


肉は結構濃い目の味付け、玉子にも味がついているので、ご飯が進む進む。
お茶碗で3杯も食べちゃいました。


11:30の時点で17席が満席で、並び列が。
コレが14:00まで途切れることなく続くらしい。
この一帯は繊維業界の人たち(いわゆるイトヘンの方)が多い街で、イトヘンの胃袋をこの店が支えているのだなぁ。と妙に納得。
そういえば、連れてきてくれたH田氏イトヘンの方だ。

恐るべし、大阪B級グルメ。

ミジェットⅡのマスコットカーが可愛らしいが、一体何に使うんだろう?





えっ!!!


ノリックが・・・・・・

秋の膳@日本橋藤久


取引先の方と連れ立って、日本橋藤久へ。

何も言うことはありません。
一番好きな和食屋さんです。

先付け
海胆豆腐

照明が白熱球なので、写真に撮ると色温度の関係で黄色くなることがあるのはご容赦。

椀物
白甘鯛と松茸の吸い
絶妙です。
三門の甘鯛の酒蒸しが剛なら
コチラは、柔の極致です。

向う付け
此処は、いつも気をてらった刺身が出ることがありません。
槍烏賊・シビ・鯛
新鮮で固いのじゃなくて、熟成された旨味のあるお造りです。


八寸
何といってもコチラのお店は八寸です。
秋らしく、月見に見立てた料理たち。

団子に見立てたのは、百合根饅頭
中身が4つ違います。フォアグラ・イクラ・木耳・もうひとつ何だったかな?
恐ろしく手間がかかった料理ですね。


炊き合わせ
蕪と海老芋かな?
職人も小僧さんも寡黙で、訊かないと料理の説明してくれないんだよね。

なます肉厚の蝦蛄


揚げ物
舞茸天麩羅とチキンカツ
チキンカツだぁ!!

お食事松茸ご飯
何も言うことありません。

水菓子フルーツゼリー。
コレとほうじ茶が実に合う。


一品一品には、何のケレンも無いのに、丁寧な仕事ぶりで、食べ終わると幸せな気持ちになれる、数少ない店の一つです。
大切な人との食事は、此処と決めています。

コレがイチバン旨かった!@浪花屋鳥造 中崎町店


以前、地鶏亭があった場所に、別のチェーン焼き鳥屋の浪花屋鳥造がはいったので、早速行ってみた。

胡瓜の叩いたん
別の名称だったと思うが忘れた。 

つくね
串に刺さらんと出てくるんやね。

なんやったかな?
ねぎまかな。

手羽やね。


せせり


いやあ。アレは実に旨かった。

もう一皿喰いたかったなぁ。



何って?



そりゃあ、最初の胡瓜ですよ。胡瓜!




焼き鳥屋でイチバン旨いのが、胡瓜って・・・・・・。

大体、此処オーダーしてから出てくるまで遅すぎるわ。

最近の炭水化物


9月26日 2:12(夜中メシ)

中崎竹之膳赤ウインナー・もやし炒め・メシと汁

9月28日 13:41

西天満パピーポークカレーラーメンねぎ大盛り

10月1日 12:21

神山町カレー屋じゅんちゃんチキンカレー
チキンは煮込みではなく、オーダーしてからフライパンで炒めたものだ。

10月2日 13:33


中崎力餅食堂赤飯と揚げ入りカレーうどん





煮はま&煮穴子@知床鮨


出張帰り、東京駅で東北新幹線から東海道新幹線に乗り換え。

乗り換え時間は30分。
食事をしている時間は無い。
・・・・・・となれば、大丸地下ごちそうパラダイスに直行だ。

ここは、出店しているお弁当屋さんの数・レベル共に群を抜いていて、ホントに目移りする。
その中から今回は。

知床鮨さんの煮はまと煮穴子鮨
煮はまは握りで、煮穴子は押し寿司。
4貫づつ計8貫で1.260円は、安すぎでしょう。

ものごっつ甘いツメが合う。
甘いは旨いなんだよなぁ。
新幹線車中にツメの香りが広がって申し訳なかったよ。


デザートにずんだ茶寮ずんだプリンも買ってみた。
しかし、この店、真冬もずんだ一本か?
昔、ずんだって夏しか喰えなかったけど・・・・・。

初秋のずんだプリンは、丁度一番ブルーな時期だったこともあって、青臭くって郷愁を誘って、ちょっとホロリとする味だったよ。




宇都宮駅蕎麦@喜多2号店


出張帰りはとにかく、時間が無かった。
小腹を東京まで持たせるため、宇都宮で
そば処喜多2号店。
新幹線構内の立ち食い蕎麦だ。



かけそば。280円。
蕎麦はやや平打ち。
冷凍麺ですね。中々良い食感です。
出汁は関東風の濃口醤油。
やっぱり蕎麦にはコレですね。


立ち食い蕎麦・うどんも冷凍技術の進歩でどんどんよくなって来ました。

小諸そばに代表される、本格茹で上げ系冷凍系が増えてくると、昔ながらの茹で麺湯通しスタイルはつらくなってくるよなぁ。

ロードサイド店にしては悪くない@麺や玄人


宇都宮でランチタイムを逃してしまい、ロードサイドで飛び込んだラーメン店
麺や玄人

大概、こういった大仰な店構えの店に限って、大したことはないのだが、


醤油ラーメンは、流行の豚骨醤油ではなく、嬉しい魚系。
メニュー名も粋節醤油だった。
あっさり系の魚です。 
ストレート麺と自慢の炭焼きちゃ-しゅうもエエ感じ。

たしか、もやしは無料で大盛り可


メンマを追加。
スープ温度を下げないために、トッピングは全て別皿で出しているそうだ。
凄い量だね。




そりゃあ無いぜ@サンマルコ


突然ですが、カツサンドって意外と好きです。
食パンが、キャベツの水分とソースを吸って、しっとりした感じがいいんです。

だから、出来立てよりも、少し時間が経ってからの方が旨くなる。
食事によし、酒のアテによしのスーパー便利料理です。

またまた、栃木出張。
朝、新大阪駅で小腹がすいたので飛び込んだ・・・・・・
サンマルコのカツサンド。
上記の理由で、カツサンドは作り置きでも良いんです。
でも、この店はカツサンドの本質ってモノをちっともわかってない。
まず、パンがパサパサ。(ラップくらい掛けておけ)
キャベツが入っていない。(コレが命なのに)
ソースじゃなく、カレールーが塗ってある。


まい泉のカツサンドでも買って勉強しなさい。



※このお店、ベーカリーレストランチェーンのサンマルクとは別系列のサンマルコですから。


プロフィール

Author:不良中年N
exciteから引っ越してきました。
まだ、使い勝手がよくわからん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
食べログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。