スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪 牡蠣料理2態


大阪出張の際、昼と夜、それぞれにちょっとオドロキの牡蠣料理を食べたのでご紹介。

昼は本庄のとんかつ屋喜多呂でかきフライ定食。

この店はヨーロッパ軒風のソースかつ丼が食べられるってんで行ったにも関わらず、目が合ってしまったんです。
「旬のメニューかきフライ定食1,500円」の文字に。
1,500円ってとんかつ屋のカキフライにしてはお高めじゃないですか。
それが余計に気になったんです。

で、出てきたかきフライはといえば、本当に大振りなフライが7つも。
肌理の細かいパン粉のコロモをまとった姿は「とんかつ屋」というよりも「洋食屋」のかきフライに近い。
揚げ油がラードのみでなく、サラダ油7割混なので、カリッと香ばしくクリスピーながらも、べた付き感がありません。
かきそのものはしっかりと火が通っていて、中まで熱々ながらもジューシーで、噛むと口中に旨味が迸ります。
かきフライっていうと独特の磯臭さというか魚介臭があって、ダメな人はアレが苦手って言いますが、こちらのかきフライにはあの特有の香りがないのです。

じつは、カウンターで調理行程をつぶさに見ていたので、この秘密はある程度想像が付きます。

まず、こちらはオーダーが入ってからコロモを付けます。
作り置きしないことによって、カキの水分や香りがコロモに吸収されるのを防いでいるのでしょう。
コロモに移ってしまった水分が、時間経過で臭気を発するのも防止できますし、かきの瑞々しさが損なわれずに済みます。
おそらく生食も出来るであろう肉厚のかきを紙にとって、丁寧に表面の水分を取ってからコロモを付けて速やかに揚げていきます。
一瞬にして旨味だけを封じ込め、雑味を発生させない技。
やるね。

夜は、阿波座のスペインバル ロス・シティオスアヒージョ。

牡蠣のアヒージョは驚いたなぁ。
牡蠣とガーリックがこんなに合うとは!!
エビや鰯よりもいけてます。オススメです。
この日一番でした。

まだまだ、奥深い。
スポンサーサイト

これぞ奥儀


家の近くの駐車場で見た神業というか奥儀。



どうやって入れるんだろう・・・・・というより、


どうやって乗り込んで、どうやって降りるのか?


謎だ。

水戸でおいしいラーメンに出会うこと@たからや


立て続けのラーメンネタで恐縮です。

上野駅からフレッシュひたち号に乗ること80分。


水戸に着いた。
以前、水戸に来たときも同じことを思ったのだが、なぜだかこの街は、女子高生が多い。
男子も同じ数居てもおかしくないと思うのだが、目に付くのは女子高生ばかり。
謎だ。


とはいえ、女子高生がアタシを出迎えてくれるわけもなく、水戸のご老公さまご一行が出迎えてくれただけでした。


駅前に大層立派な銀杏の木も保存されていて、樹齢300年もあるかもしれないらしい。
流石、古くからの城下町。


で、街を歩いていて、この店の佇まいに引き付けられてしまったのです。

匂ったんです。
食いしん坊の鼻が。
この店は絶対にうまいぞと。


2人とも足元がおぼつかない、おじいちゃんとおばあちゃんで切り盛りしている店ですが、存外中は明るくて清潔感あります。


ラーメンが出来上がるまでの間、ショーケースにあった、醤油オニギリ110円をいただきました。
これが、もち米の炊き込みおこわなんです。
レンジで温めてもらって食べると香ばしくて実によろしい。
お手製と思われるお新香が付くのもポイント高いよ。


ラーメン、キターー!!

このケレンない美しさをみてください。
濁りない醤油スープにトッピングは、叉焼、シナチク、鳴門巻き、海苔、ラーメンの姿とはこういうものだという見本のようです。
あと、ホウレンソウがのっていれば完璧です。

麺が中細のやや縮れっていうのも素晴らしい。

スープは東京ラーメンに近いんですが、トリガラだけじゃなく、魚も使ってますね。
Wスープでしかも濃い醤油を使用しています。
ほとんど脂が浮いていない(おそらく叉焼からの脂のみでしょう)のにも関らず、複雑な味のスープです。
ややもすると、やれ背脂だ何だと、脂の旨さで誤魔化す店の多い中、すんばらしいです。

この店、塩味のタンメンが実は名物らしく、今回は食べられなかったが実に気になりますね。
プロフィール

不良中年N

Author:不良中年N
exciteから引っ越してきました。
まだ、使い勝手がよくわからん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
食べログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。